研究者
J-GLOBAL ID:200901020439283458   更新日: 2022年08月03日

白神 千恵子

シラガミ チエコ | Shiragami Chieko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 眼科学
研究キーワード (3件): 加齢黄斑変性 ,  黄斑疾患 ,  網膜
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 加齢黄斑変性の治療
論文 (32件):
  • Toshinori Murata, Mineo Kondo, Makoto Inoue, Shintaro Nakao, Rie Osaka, Chieko Shiragami, Kenji Sogawa, Akikazu Mochizuki, Rumiko Shiraga, Takeumi Kaneko, et al. Estimating ranibizumab injection numbers and visual acuity at 12 months based on 2-month data on branch retinal vein occlusion treatment. Scientific reports. 2022. 12. 1. 7661-7661
  • Toshinori Murata, Mineo Kondo, Makoto Inoue, Shintaro Nakao, Rie Osaka, Chieko Shiragami, Kenji Sogawa, Akikazu Mochizuki, Rumiko Shiraga, Yohei Ohashi, et al. The randomized ZIPANGU trial of ranibizumab and adjunct laser for macular edema following branch retinal vein occlusion in treatment-naïve patients. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Ai Ichioka, Sotaro Ooto, Akihito Uji, Saki Manabe, Chieko Shiragami, Akitaka Tsujikawa. Correlations among age, sex, axial length, and subfoveal choroidal thickness in the choriocapillaris structure analyzed using multiple en face image averaging optical coherence tomography angiography. PLOS ONE. 2021. 16. 11. e0259880-e0259880
  • Chieko Shiragami. Reply. Retina (Philadelphia, Pa.). 2020. 40. 9. e54
  • Rie Osaka, Yuki Nakano, Yukari Takasago, Tomoyoshi Fujita, Ayana Yamashita, Chieko Shiragami, Yuki Muraoka, Akitaka Tsujikawa. Retinal oximetry in branch retinal vein occlusion. Acta ophthalmologica. 2019. 97. 6. e896-e901
もっと見る
MISC (58件):
書籍 (50件):
  • 後眼部疾患1網膜硝子体疾患;黄斑部毛細血管拡張症
    眼科疾患最新の治療2019-2021 南江堂 225-226 2019
  • 巻頭トピックス 7.加齢黄斑変性における地図状網膜色素上皮萎縮の診断と治療
    眼科疾患最新の治療2016-2018 2016
  • 黄斑変性ってどんな病気? Q&Aでわかる香川大学医学部附属病院の最新治療
    バリューメディカル 88-89 2016
  • 硝子体・網膜病変の診かた(私はこう診る)黄斑疾患 萎縮型AMD
    眼科臨時増刊号 57(4):528-533 2015
  • 特集大規模臨床試験一挙紹介 ペガプタニブ(大規模臨床試験に基づいて)
    RETINA Medicine vol.4(2):42-46 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • Differences of choroidal vascularity index in normal eyes with image noise and filter parameters using swept-source optical coherence tomography.
    (第36回日本眼循環学会 2019)
  • Investigation of choroidal vascularity index in normal eyes using swept-source optical coherence tomography.
    (The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2019 2019)
  • 目に優しいAMD治療のすすめ
    (HIROSHIMA RETINA EXPERT CONFERENCE 2019)
  • Investigation of Choroidal Vascularity Index in Normal Eyes Using SSOCT.
    (第57回日本網膜硝子体学会総会 2018)
  • 滲出型加齢黄斑変性の長期視力予後を考える
    (第1回Ophthalmic Career Up Seminar in Kyoto 2018)
もっと見る
Works (4件):
  • 滲出型加齢黄斑変性患者に対するアイリーアの臨床的有効性の検討
    2013 - 2014
  • 滲出型加齢黄斑変性患者の治療後の地図状萎縮に対するウノプロストン0.15%点眼液の臨床的有効性の検討
    2012 - 2013
  • SK1011の加齢黄斑変性に対する有効性
    2012 - 2013
  • 加齢黄斑変性症治療用ペプチド複合ワクチン「S-646240」フェーズ2a試験
    2012 -
学歴 (3件):
  • 1994 - 1999 岡山大学
  • - 1993 関西医科大学
  • 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (岡山大学)
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 香川大学医学部付属病院眼科 准教授
  • 2015/04 - 香川大学医学部附属病院 眼科 講師
  • 2010 - - 香川大学医学部眼科, 学内講師
  • 2005 - - 香川大学医学部眼科, 助教
  • 2003 - - 香川大学医学部眼科学教室, 医員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 1998/07 - 現在 眼科専門医
  • 2010/04 - 眼科専門指導医
  • 香川県医療審議会審査委員
  • 厚生労働省難病特定指定疾患審査員
受賞 (2件):
  • 岡山大学医学部眼科学教室赤木学術奨励賞
  • 第106回日本眼科学会総会学術展示優秀賞
所属学会 (5件):
Association for Research in Visual Science and Ophthalmology ,  日本眼科学会 ,  日本網膜硝子体学会 ,  日本眼循環学会 ,  日本眼科手術学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る