研究者
J-GLOBAL ID:200901026931429563   更新日: 2020年08月31日

若崎 るみ枝

ワカサキ ルミエ | Wakasaki Rumie
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 麻酔科学
研究キーワード (1件): 術後鎮痛
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 心肺停止蘇生後の記憶障害に対するTNF-α阻害薬による治療効果の検討
論文 (21件):
  • Glomerular filtrate proteins in acute cardiorenal syndrome. JCI Insight. 2019
  • Automated systematic random sampling and Cavalieri stereology of histologic sections demonstrating acute tubular necrosis after cardiac arrest and cardiopulmonary resuscitation in the mouse. Histology and histopathology. 2018. 33. 11. 1227-1234
  • Determination of renal function and injury using near-infrared fluorimetry in experimental cardiorenal syndrome. Am J Physiol Renal Physiol. 2017
  • 平田和彦, 比嘉和夫, 廣田一紀, 若崎るみ枝, 柴田志保, 仁田原慶一. 新たな神経障害痛の治療戦略 三環系抗うつ薬の臨床. 日本臨床麻酔学会誌. 2013. 33. 1. 51-55
  • 術前から麻薬を使用している患者の術後鎮痛に麻薬は増量すべきか?. 2012
もっと見る
MISC (1件):
  • 周術期の疼痛コントロール 術後鎮痛サービスチームによる術後鎮痛(. 2012
書籍 (5件):
  • 術後痛サービス(POPS)マニュアル・硬膜外鎮痛法
    真興交易医書出版部 2011
  • 術後痛サービス (POPS) マニュアル・硬膜外鎮痛法
    真興交易(株)医書出版部 2011
  • 術後管理におけるPCAの上手な使い方
    ライフメディコム 2010
  • 術後管理におけるPCAの上手な使い方・IV-PCAの主なトラブルとその対応
    (株)ライフメディコム 2010
  • 術後管理におけるPCAの上手な使い方・IV-PCAに伴う副作用対策
    (株)ライフメディコム 2010
講演・口頭発表等 (35件):
  • ナルデメジン使用症例の検討
    (日本ペインクリニック学会第52回大会 2018)
  • 治癒したがん患者のオピオイド使用状況
    (日本ペインクリニック学会第52回大会 2018)
  • Successful treatment of pain with Risperidone; a case report
    (第36回九州ペインクリニック学会 2018)
  • Successful treatment of pain with Risperidone; a case report
    (第36回九州ペインクリニック学会 2018)
  • Microglia control brain injury and neuronal regeneration after cardiac arrest
    (Society for Neuroscience in Anesthesiology and Critical Care (SNACC) 45th Annual Meeting 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 学士(医学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る