研究者
J-GLOBAL ID:200901029135145242   更新日: 2020年08月03日

木村 寛之

キムラ ヒロユキ | Kimura Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 薬系化学、創薬科学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  放射線科学 ,  薬系分析、物理化学
論文 (72件):
  • Fujita N, Fujimoto H, Hamamatsu K, Murakami T, Kimura H, Toyoda K, Saji H, Inagaki N. Noninvasive longitudinal quantification of β-cell mass with [111In]-labeled exendin-4. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2019. fj201900555RR
  • Yusuke Yagi, Hiroyuki Kimura, Haruka Okuda, Masahiro Ono, Yuji Nakamoto, Kaori Togashi, Hideo Saji. Evaluation of [18F]pitavastatin as a positron emission tomography tracer for in vivo organic transporter polypeptide function. Nuclear Medicine and Biology. 2019. 74-75. 25-31
  • Chen X, Fritz A, Werner RA, Nose N, Yagi Y, Kimura H, Rowe SP, Koshino K, Decker M, Higuchi T. Initial Evaluation of AF78: a Rationally Designed Fluorine-18-Labelled PET Radiotracer Targeting Norepinephrine Transporter. Molecular imaging and biology : MIB : the official publication of the Academy of Molecular Imaging. 2019
  • Kimura H, Ueda M, Kawashima H, Arimitsu K, Yagi Y, Saji H. Synthesis and biological evaluation of Tc-99m-cyclopentadienyltricarbonyl-technetium-labeled A-85380: An imaging probe for single-photon emission computed tomography investigation of nicotinic acetylcholine receptors in the brain. Bioorganic & medicinal chemistry. 2019. 27. 11. 2245-2252
  • Kimura H, Yagi Y, Mikamo M, Kazuya M, Kagawa S, Arimitsu K, Higashi T, Nishii R, Ono M, Nakamoto Y, Togashi K, Kusuhara H, Saji H. Evaluation of transporter-mediated hepatobiliary transport of newly developed 18F-labeled pitavastatin derivative, PTV-F1, in rats by PET imaging. Drug metabolism and pharmacokinetics. 2019
もっと見る
MISC (125件):
  • 村田 佳子, 屋木 祐亮, 木村 寛之, 吉田 雅美, 渡辺 健宏, 難波 康祐. 植物由来のキレート化合物、ニコチアナミンによるマウスでの鉄吸収効果. Biomedical Research on Trace Elements. 2019. 30. 2. 66-66
  • 勝見 英正, 松浦 悟, 鈴木 宏枝, 平井 菜都子, 林 英誉, 越野 一博, 樋口 隆弘, 屋木 祐亮, 木村 寛之, 森下 将輝, 坂根 稔康, 山本 昌. セリン修飾による腎臓標的化DDSの開発 腎臓の病巣へピンポイントで集積する薬物担体の開発. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 4. 88-88
  • 石神 有梨, 有光 健治, 屋木 祐亮, 河嶋 秀和, 安井 裕之, 木村 寛之. がんへの集積性向上を指向とした新規白金錯体の開発研究. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 2. 209-209
  • 戸田 力也, 井上 遥加, 有光 健治, 屋木 祐亮, 河嶋 秀和, 安井 裕之, 木村 寛之. 線維芽細胞増殖因子受容体1(FGFR1)標的核医学分子イメージングプローブの開発. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 2. 209-209
  • 有光 健治, 屋木 祐亮, 越野 一博, 樋口 隆弘, 安井 裕之, 木村 寛之. 放射性フッ素標識ストレプトゾトシン誘導体のGLUT2標的イメージングプローブとしての評価. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 2. 288-288
もっと見る
書籍 (2件):
  • Handbook of In Vivo Chemistry in Mice: From Lab to Living System
    2020
  • 臨床放射薬学 薬学領域における放射化学の理論と実践
    京都廣川書店 2017
所属学会 (12件):
日本中性子捕捉療法学会 ,  Society of Radiopharmaceutical Sciences ,  米国核医学会 ,  日本薬学教育学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本ペプチド学会 ,  日本フッ素化学会 ,  日本分子イメージング学会 ,  日本核医学会 ,  日本分析化学会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る