研究者
J-GLOBAL ID:200901040022361830   更新日: 2020年08月26日

稲葉 奈々子

イナバ ナナコ | Nanako Inaba
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (5件): ジェンダー ,  国際移動 ,  社会運動 ,  貧困問題 ,  社会学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2011 - 2014 社会的排除と反グローバリズム運動:底辺からの新しい共同性創出の可能性
  • 2011 - 2014 経済危機とトランスナショナリズム:ペルー人の移民戦略をめぐって
  • 2010 - 2013 政権交代と社会運動:民主党政権は社会運動にどのような影響を及ぼすのか
  • 2009 - 2012 ポスト共生の移民研究に向けたアクション・リサーチ
  • 2001 - 女性移住者のエンパワーメント
全件表示
論文 (112件):
  • 稲葉奈々子. 移民第二世代の大学進学. 月刊環. 2019. 25. 2-6
  • 鈴木直文, 小川てつオ, 稲葉奈々子. The right to adequate housing: evictions of the homeless and the elderly caused by the 2020 Summer Olympics in Tokyo. Leisure Studies. 2018. 37. 1. 89-96
  • 稲葉奈々子. 都営霞ヶ丘アパート取り壊しと東京都のエイジズム. 世界. 2017. 897. 219-228
  • 稲葉奈々子. 分野別研究動向(社会運動)-失われた敵対性と『さまよう主体』のゆくえ. 社会学評論. 2016. 67. 2. 238-252
  • 東京オリンピックと都営霞が丘アパート. 寄せ場. 2015. 27. 61-75
もっと見る
MISC (65件):
  • 稲葉奈々子. 彼女たちの働き方と働かされ方-ジェンダーから見た移民女性. ジャーナリズム. 2019. 2019年5月. 52-59
  • 稲葉奈々子. 国籍の異なる隣人とともに-外国人受け入れ政策の実態と課題. 月刊自治研. 2017. 59. 692. 16-21
  • 樋口直人, 稲葉奈々子. デカセギとラーメン:ラーメン屋、リマで増殖中. Migrants Network. 2014. 169. 24-25
  • 稲葉奈々子. 「移住女性の貧困問題」. 外国人人権法連絡会編『日本における外国人・民族的マイノリティ人権白書』. 2014. 2014. 33
  • 稲葉奈々子. 女性,貧困,出稼ぎ. 吉原和夫・蘭信三・伊豫谷登士翁・塩原良和・関根政美・山下晋司・吉原直樹編『人の移動事典:日本からアジアへ・アジアから日本へ』. 2013. 142-143
もっと見る
書籍 (40件):
  • 『デモと広場の自由』 「<占拠>と市民的不服従」
    明石書店 2012
  • Social Exclusion:Perspectives from France and Japan (Stratification and inequality series, v. 13) "Comparison of Poor People's Participation in Social Movements in France and Japan"
    Trans Pacific Press 2012 ISBN:9781920901691
  • 『移民のヨーロッパ : 国際比較の視点から』 (人間文化叢書) 「<サンパピエ>の運動と反植民地主義言説/作動しなかったポストコロニアリズム 」
    明石書店 2011 ISBN:9784750333892
  • Transforming Japan : how Feminism and Diversity are Making a Difference "The story of kalakasan and migrant Filipinas"
    Feminist Press 2011 ISBN:9781558616998
  • 『現代フランス社会を知るための62章』 (エリア・スタディーズ, 84) 「グローバリゼーション-『もう一つ』の世界を求める市民たち」
    明石書店 2010 ISBN:9784750333120
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • フランスにおけるポストコロニアリズムと社会運動
    (2018)
  • 抵抗の技法としての「怠惰」:日本における貧困者による運動
    (2018)
  • ジェンダー化された編入様式:(3)移住者の貧困と文化的再生産論
    (関東社会学会 2017)
  • 反貧困運動-日本における『貧困』概念の誕生
    (日仏会館シンポジウム<周縁>が生み出す社会変革の可能性 2016)
  • 「在日アルゼンチン系移民の二つの世界:世代・年代と社会関係の構築をめぐって」
    (関東社会学会 2014)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1996 - 1998 パリ第7大学 社会科学研究科 移民と社会研究
  • 1996 - 1998 東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻
  • 1993 - 1996 東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻
  • 1994 - 1995 パリ第7大学 社会科学研究科 移民と社会研究
  • 1987 - 1993 東京外国語大学 外国語学部 フランス語学科
学位 (3件):
  • 学士(文学) (東京外国語大学)
  • DEA (パリ第7大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2002/04/01 - 2015/03/31 茨城大学人文学部 准教授
  • 2009/04/01 - 2010/03/31 京都大学文学部 非常勤講師
  • 2001/04/01 - 2003/03/31 フェリス女学院大学国際交流学部 非常勤講師
  • 2002/04/01 - 2002/09/30 立教大学社会学部 非常勤講師
  • 1998/04/01 - 2002/03/31 茨城大学人文学部 講師
全件表示
所属学会 (4件):
関東社会学会 ,  日本社会学会 ,  寄せ場学会 ,  日仏社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る