研究者
J-GLOBAL ID:200901040373289493   更新日: 2020年06月09日

西尾 久英

ニシオ ヒサヒデ | Nishio Hisahide
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (3件): 分子遺伝学 ,  小児科学 ,  公衆衛生学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2014 - 2017 Rabファミリー低分子量G蛋白質を標的とした神経芽腫の新しい治療法に関する研究
  • 2013 - 2016 細胞内シグナル伝達経路を標的とする脊髄性筋萎縮症治療法の開発
  • 2011 - Rabファミリー低分子量G蛋白質の神経芽腫がん幹細胞の発生・分化における機能解明
  • 2010 - SMN2遺伝子転写制御を中核技術とする脊髄性筋萎縮症治療法の開発
  • 2009 - 神経芽腫の予後決定因子としてのRabファミリー低分子量G蛋白質の役割に関する研究
全件表示
論文 (160件):
MISC (13件):
特許 (1件):
  • 酵素活性をコンピュータを用いたシミュレーションにより予測する方法
書籍 (12件):
  • 最新臨床検査学講座 免疫検査学 第1版第1刷 / 第4章II.輸血用血液製剤の種類と特性
    医師薬出版株式会社 2017
  • 脊髄性筋萎縮症診療マニュアル / 5章遺伝子疾患としてのSMA 5-1小児期発症SMAの原因と病態は何ですか。
    金芳堂 2012
  • 脊髄性筋萎縮症診療マニュアル / 12章SMAの新しい治療法の開発研究
    金芳堂 2012
  • 子育て支援のための子ども保健学 / わが国における母子保健福祉事業
    日本小児医事出版社 2012
  • 臨床検査学講座 免疫検査学 第2版 / II.輸血用血液製剤の種類と特性
    医歯薬出版株式会社 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (183件):
  • 保健所実習は公衆衛生に興味を持たせる絶好の機会
    (第75回日本公衆衛生学会総会 2016)
  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)原因遺伝子、SMN のヒト神経細胞モデルにおける機能の解析
    (第66回 日本薬学会近畿支部総会 2016)
  • Spinal Muscular Atrophy (SMA): Advances in Therapeutic Development.
    (The 1st International Conference on Health Sciences 2016)
  • Advancement in diagnosis and therapy of congenital diseases.
    (The 1st International Conference on Health Sciences 2016)
  • 脊髄性筋萎縮症における遺伝子解析
    (第65回日本医学検査学会 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (神戸大学)
委員歴 (2件):
  • 日本産業衛生学会 代議員
  • 日本衛生学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2009/11 - The 10th International Conference Bioinfo2009 Outstanding Poster Award in silico estimation for the conjugation capacity of mutant UDP-glucuronosyltransferase 1A1
所属学会 (10件):
日本周産期・新生児医学会 ,  日本小児先天代謝異常学会 ,  日本小児内分泌学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本小児科学会 ,  日本衛生学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  アメリカ人類遺伝学会 ,  日本人類遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る