研究者
J-GLOBAL ID:200901041133226598   更新日: 2020年11月25日

亀山 敦

カメヤマ アツシ | Atsushi Kameyama
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 生物有機化学 ,  有機機能材料 ,  高分子化学
研究キーワード (1件): Materials chemistry
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 新規コーティング用樹脂ナノ粒子
  • 新規光重合開始剤
  • 新規多分枝高分子の合成
  • SH基を有するナノ集合体
  • ハイブリット型光重合開始剤
全件表示
論文 (38件):
  • Akira Takahashi, Shosuke Tsunoda, Ryu Yuzaki, Atsushi Kameyama. Thioacyl-Transfer Ring-Expansion Polymerization of Thiiranes Based on a Cyclic Dithiocarbamate Initiator. Macromolecules. 2020
  • A. Takahashi, T. Watanabe, S. Ando, A. Kameyama. Refractive Index Modulation by Photo-Fries Rearrangement of Main Chain-Type Aromatic Polyurethanes. J. Photopolym . Sci. Tech. 2019. 32. (2). 243-247
  • H.Taherzadeh, Y. Ishida, A. Kameyama. Phase-Separated Structures of Random Methacrylate Copolymers with Pendant POSS Moieties. J. Appl. Polym. Sci., 2019. 2019. 136. 47246. 1-7
  • Controlled ring-expansion polymerization of thiiranes based on cyclic aromatic thiourethane initiator. J. Polym. Sci., Part A:Polym Chem. 2019. 57. 2442-2449
  • K. Tsuchiya, Y. Ishida, A. Kameyama. Synthesis of diblock copolymers consistent of POSS-containing random methacrylate copolymers and polystyrene and their cross-linked microphase-separated structure via fluoride ion-mediated cage scrambling. Polymer Chemistry. 2017. 8. 2516-2527
もっと見る
MISC (155件):
特許 (8件):
  • 開環共重合体
  • ポリイミドおよびその製造方法
  • 硬化性組成物
  • 硫黄原子含有環状化合物およびその製造法
  • エポキシ樹脂組成物
もっと見る
書籍 (17件):
  • 第3章 樹脂の分子設計、構造制御による屈折率制御技術 第13節 熱転位反応を利用した高屈折率化
    (株)技術情報協会 2014
  • 高分子辞典
    朝倉書店 2005
  • 第5版 実験化学講座 26 高分子学会
    丸善 2005
  • Synthesis of Cyclic Polymers: Ring-Expansion Reaction of Cyclic S-Dithioester with Thiiranes
    Macromolecules 2005
  • 高分子の精密合成と高次構造制御
    エヌ・ティー・エス 2004
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 東京工業大学 電子化学
  • - 1990 東京工業大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (3件):
  • 2006/04/01 - 現在 神奈川大学 工学部 化学教室 教授
  • 2000/04/01 - 2006/03/31 神奈川大学 工学部 化学教室 助教授
  • 1990/04/01 - 2000/03/31 神奈川大学 工学部 応用化学科 助手
受賞 (2件):
  • 2000 - 神奈川大学学術褒賞
  • 1993 - 有機合成化学協会研究企画賞
所属学会 (4件):
アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る