研究者
J-GLOBAL ID:200901044491994059   更新日: 2020年10月25日

江原 靖人

エバラ ヤスヒト | Ebara Yasuhito
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (7件): バイオセンサー ,  SARS-CoV-2 (COVID-19) ,  糖鎖修飾核酸 ,  糖鎖修飾siRNA ,  新興・再興感染症 ,  インフルエンザウイルス ,  生物有機化学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 あらゆる新興・再興感染症を標的にする糖鎖修飾siRNAの創製
  • 2020 - 2022 新型コロナウィルス(COVID-19)を高感度で検出するデバイスの作製
  • 2014 - 2017 あらゆるインフルエンザウイルスを捕捉・検出する糖鎖修飾三量体核酸の開発
  • 2013 - A-STEP「糖鎖修飾核酸を用いたインフルエンザ感染診断システムの開発」
  • 2012 - A-STEP「糖鎖修飾核酸を用いたインフルエンザ感染診断システムの開発」
全件表示
論文 (36件):
  • Kenji Takagi, Tenko Hayashi, Shinjiro Sawada, Miku Okazaki, Sakiko Hori, Katsuya Ogata, Nobuo Kato, Yasuhito Ebara, Kunihiro Kaihatsu. SNP Discrimination by Tolane-Modified Peptide Nucleic Acids: Application for the Detection of Drug Resistance in Pathogens. Molecules (Basel, Switzerland). 2020. 25. 4
  • YAMABE MIYUKI, KAIHATSU KUNIHIRO, EBARA YASUHITO. Binding inhibition of various influenza viruses by sialyllactose-modified trimer DNAs. Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters. 2019. 29. 5. 744-748
  • YAMABE MIYUKI, AKIRA FUJITA, KAIHATSU KUNIHIRO, EBARA YASUHITO. Synthesis of neuraminidase-resistant sialoside-modified three-way junction DNA and its binding ability to various influenza viruses. Carbohydrate Research. 2019. 474. 43-50
  • Miyuki Yamabe, Kunihiro Kaihatsu, Yasuhito Ebara. Sialyllactose-Modified Three-Way Junction DNA as Binding Inhibitor of Influenza Virus Hemagglutinin. Bioconjugate Chemistry. 2018. 29. 5. 1490-1494
  • Masayuki Matsui, Yasuhito Ebara. Enhanced binding of trigonal DNA-carbohydrate conjugates to lectin. Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters. 2012. 22. 19. 6139-43
もっと見る
MISC (6件):
  • KAIHATSU KUNIHIRO, YAMABE MIYUKI, EBARA YASUHITO. Antiviral Mechanism of Action of Epigallocatechin-3-O-gallate and Its Fatty Acid Esters. Molecules. 2018. 23. 10. 2475
  • 江原 靖人. インフルエンザウイルスを捕捉する糖鎖修飾三量体DNA : 予防・診断・治療を目指して. 現代化学. 2015. 527. 42-47
  • 江原 靖人, 岡畑 恵雄. 合成脂質膜による分子認識--匂い物質を識別する. 化学工業. 1997. 48. 10. 831-842
  • 大竹 冬華, 古澤 宏幸, 江原 靖人, 岡畑 恵雄, 後藤 雅式. DNAハイブリダイゼーションの観察における水晶発振子法と表面プラズモン共鳴法の比較. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集. 1996. 19. 866-866
  • 江原 靖人, 岡畑 恵雄. 水晶発振子を用いた分子認識の動的解析. 油化学. 1994. 43. 10. 796-804
もっと見る
書籍 (4件):
  • インフルエンザウイルスを捕捉する糖鎖修飾三量体DNA -予防・診断・治療を目指して- 現代化学2015年2月号
    東京化学同人 2015
  • 高分子辞典 (第3版)高分子学会編
    朝倉書店 2005 ISBN:9784254252484
  • Nonenzymatic Organic Synthesis on Single Strand DNA by Artificial tRNA
    MARUZEN Co.,Ltd 2003
  • In Vitro Selection of Saccharide-Modified DNA that bind to Lectin Biomolecular Chemistry
    MARUZEN Co.,Ltd 2003
講演・口頭発表等 (89件):
  • 拡張DNA・RNAライブラリーの構築と、それを用いたウイルス・タンパク質を標的とする人工核酸の合成
    (第47回東北地区高分子若手研究会夏季ゼミナール 2019)
  • インフルエンザウイルスを捕捉するシアル酸修飾3量体DNA
    (第33回 インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム 2019)
  • シアル酸修飾三量体核酸を用いたインフルエンザウイルスの捕捉および感染阻害
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
  • あらゆるインフルエンザウイルスを捕捉するノイラミニダーゼ耐性シアロシド修飾三量体DNA
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • インフルエンザウイルス感染を阻害するシアル酸修飾 3-way junction 核酸(ポスター発表3P-0703)
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1993 東京工業大学 大学院理工学研究科高分子工学専攻博士課程修了
学位 (2件):
  • 工学修士 (東京工業大学)
  • 博士(工学) (東京工業大学)
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る