研究者
J-GLOBAL ID:200901044541697255   更新日: 2021年04月09日

高橋 豊美

タカハシ トヨミ | Takahashi Toyomi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • University College London  Honorary Research Associate
ホームページURL (2件): http://edu.tkhsh.nethttp://edu.tkhsh.net/
研究分野 (8件): 外国語教育 ,  英語学 ,  日本語学 ,  言語学 ,  外国語教育 ,  英語学 ,  日本語学 ,  言語学
研究キーワード (18件): 音声学 ,  音韻論 ,  Japanese phonetics ,  English phonetics ,  Phonetics ,  Intonation ,  Reduplication ,  Vowel harmony ,  Stress ,  Element ,  Foot ,  Syllable ,  Element Theory ,  Optimality Theory ,  Licensing Theory ,  Government Phonology ,  Dependency Phonology ,  Phonological Theory
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2013 - 2015 依存・認可の関係性を基盤とする制約的音韻理論による日本語音節構造の実証的研究
  • 2007 - 2009 音韻表示の適格性に関する統合的理論の研究
  • 1992 - 2004 Syllable Theory without syllables
論文 (17件):
  • TAKAHASHI Toyomi. Identity avoidance in the onset. Nasukawa, Kuniya & Henk van Riemsdijk (Eds.) Identity Relations in Grammar. Boston/Berlin: De Gruyter Mouton. 2014. 101-120
  • 高橋豊美. Unique Path. 音韻研究 2008. 2008. 11. 3-10
  • Toyomi Takahashi. Syllabification in Lexical Representation. Phonological Studies 2007. 2007. 10. 105-112
  • Takahashi, Toyomi. Syllable Theory without syllables. Ph.D. dissertation, University College London, University of London. 2004
  • Toyomi Takahashi. Constraint interaction in Aranda stress. Hannahs, S. J. & Mike Devenport (eds.) Issues in Phonological Structure. Amsterdam/Philadelphia: John Benjamins. 1999. 196. 149-179
もっと見る
MISC (5件):
  • 高橋 豊美. 日本語母語話者が学ぶ英語音声のしくみ. 東北学院大学論集. 2017. 101. 97-108
  • Toyomi Takahashi. Syllabification in Lexical Representation. 音韻研究 2007. 2007. 10. 105-112
  • 高橋豊美. 弁別素性理論. 西原哲雄、那須川訓也(共編)『音韻理論ハンドブック』英宝社. 2005. 131-142
  • Cabrera-Abreu, Mercedes, Maria Luisa Garcia-Lecumberri, John Maidment, Toyomi Takahashi. The phonological representation of accentual focus in some English and Spanish utterances. The proceedings of International Congress of Phonetic Science 1999. 1999. 1761-1764
  • 高橋豊美. インターネットを利用した英語学習支援システム. 『インターネット利用に関する基礎的研究』駿河台大学共同研究報告書. 1998. 41-47
書籍 (2件):
  • 最新英語学・言語学用語辞典
    開拓社 2015 ISBN:9784758922159
  • 音韻理論ハンドブック
    英宝社 2005 ISBN:4269630035
講演・口頭発表等 (57件):
  • 「英語教育中核教員養成講座 Advanced」英語力編
    (令和2年度専門性向上研修 外国語活動・英語I(Advanced) 2020)
  • manabaによる“メディア授業オンデマンド”の展開に向けて
    (manabaユーザ会 2019)
  • Japanese phonology and phonetics for EFL teaching and learning.
    (東北学院大学言語学研究会 2018)
  • Contrastive phonetics of Japanese and English
    (UCL Summer Course in English Phonetics 2018)
  • 非時系列的音韻論における局所性と方向性
    (日本言語学会第155 回大会 2017)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1993 ロンドン大学ユニヴァーシティ・コレッジ・ロンドン校 (University College London, University of London) 言語学 (Linguistics)
  • - 1993 University College London, University of London Linguistics
  • - 1991 ロンドン大学ユニヴァーシティ・コレッジ・ロンドン校 (University College London, University Of London) 音声学 (Phonetics)
  • - 1991 University College London, University of London Phonetics
  • - 1988 立教大学 英米文学科
全件表示
学位 (2件):
  • 言語学博士 (PhD in Linguistics) (ロンドン大学ユニバーシティ・コレッジ・ロンドン校 (英国) (University College London, University of London) (United Kingdom))
  • 音声学修士 (MA in Phonetics) (ロンドン大学ユニヴァーシティ・コレッジ・ロンドン校 (英国) (University College London, University of London) (United Kingdom))
所属学会 (2件):
日本音韻論学会 ,  Linguistic Association in Great Britain
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る