研究者
J-GLOBAL ID:200901055095775931   更新日: 2020年03月15日

足立 拓朗

アダチ タクロウ | Adachi Takuro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/takuroadachi/home
研究分野 (2件): 考古学 ,  考古学
研究キーワード (35件): テペ(遺丘) ,  キャルーラズ遺跡 ,  イラン ,  部族社会 ,  発堀調査 ,  スイフン河 ,  年代測定 ,  スタリロチェンスコイエ ,  山城 ,  タッペ・ジャラリイェ遺跡 ,  西アジア ,  サーサーン ,  セフィードルード ,  ジャラリイェ・テペ ,  ギーラーン ,  環境 ,  考古学 ,  石塁 ,  クラスキーノ ,  シニュウスカヤ ,  シニェリニコヴォ1山城 ,  墓制 ,  クラスキーノ土城 ,  沿海州 ,  鉄器時代 ,  キャルーラズ ,  ジャラリイェ ,  発掘調査 ,  土城 ,  分布調査 ,  博物館学 ,  東北アジア考古学 ,  西アジア考古学 ,  Northeast Asia Archaeology ,  West Asia Archaeology
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2015 - 2017 サウジアラビア北西部における古代遊牧民の埋葬・祭祀遺跡の研究
  • 博物館参加型展示
  • 古代イランの考古学的研究
  • 渤海国の成立に関する考古学的研究
  • アッシリアの勢力拡大に関する研究
全件表示
論文 (37件):
  • 足立 拓朗. A Chronological Division of the Iron Age III Period at the Tappei Jalaliye in Giran, Northern Iran. S. Nakamura, T. Adachi and M. Abe (eds.) Decades in Deserts: Essays on Near Eastern Archaeology in honour of Sumio Fujii, Tokyo, Rokuichi Shobou. 2019. 319-322
  • Takuro Adachi, Sumio Fujii. Shell Ornaments from the Bishri Cairn Fields: New Insights into the Middle Bronze Age Trade Network in Central Syria. 2018. 239-246
  • 足立拓朗, 藤井純夫. Wadi Hedaja 1 and 2: A Chronological Assessment Based on Unearthed Artifacts. al-Rafidan. 2018. 39. 55-69
  • 足立拓朗. 古代イランにおける青銅器から鉄器への変遷. 文明と鉄器-普及とその過程-. 2017. 35-45
  • 足立拓朗. イラン、ギーラーン州出土の鉄器時代女性土偶の時期について. 青山考古. 2016. 31,32
もっと見る
MISC (42件):
もっと見る
書籍 (11件):
  • Decades in Deserts: Essays on Near Eastern Archaeology in honour of Sumio Fujii
    Tokyo, Rokuichi Shobou 2019
  • イスラームと文化財
    新泉社 2015
  • 高濱秀先生退職記念論文集 ユーラシアの考古学
    六一書房 2014
  • 鉄器時代西アジアの文化変容
    同成社 2013 ISBN:4886216234
  • 古代ユーラシアの青銅器
    中近東文化センター 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • Neolithic Exchange Networks of Marine Shell Ornaments in Southern Jordan and Northwestern Saudi Arabia,
    (Routes, Goods and Ties Recent Discoveries and Problems of Southern Levantine Archaeology, RGT 2019 Symposium, 7-9 June 2019, Kraków, Poland. 2019)
  • Chalcolithic Ritual Potteries from Harrat Juhayra 1 and 2, Southern Jordan, International Conference on the History and Archaeology of Jordan
    (21-25 January 2019, University of Florence, Florence, Italy 2019)
  • Neolithic Exchange Networks of Marine Shell Ornaments in the East Jordan Desert Area
    (13th International Council of Archaeozzology, 2nd - 7th September 2018, Ankara Turkey. 2018)
  • A Chronological Division of the Iron Age III Period at Tappe Jalaliye Site in Gilan, Northern Iran
    (The 11th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East, the Institute for the Near Eastern Archaeology, Ludwig Maximillians University, Munich, 3rd-7th April, 2018. 2018)
  • Shell ornaments from Wādī Sharmah 1, a Pre-Pottery Neolithic B settlement along the east coast of the Red Sea
    (Seminar for Arabian Studies 2017, British Foundation for the Study of Arabia, London, the British Museum, 4th to 6th August, 2017 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1995 青山学院大学 史学専攻
  • - 1995 青山学院大学
  • - 1989 青山学院大学 史学科
  • - 1989 青山学院大学
学位 (1件):
  • 博士(文学) (筑波大学)
経歴 (18件):
  • 2015 - 金沢大学 歴史言語文化学系 准教授
  • 2006 - 2010 筑波大学講師(非常勤)
  • 2010 - 静岡大学講師(非常勤)
  • 2010 - 金沢大学講師(非常勤)
  • 2005 - - 慶應義塾大学講師(非常勤)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2000 - 日本西アジア考古学会 編集役員
受賞 (1件):
  • 2001 - 日本オリエント学会奨励賞
所属学会 (7件):
石川考古学研究会 ,  北陸史学会 ,  東洋陶磁学会 ,  日本西アジア考古学会 ,  日本オリエント学会 ,  日本考古学協会 ,  青山考古学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る