研究者
J-GLOBAL ID:200901055163308042   更新日: 2020年09月01日

阪口 政清

サカグチ マサキヨ | Sakaguchi Masakiyo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://www.okayama-u.ac.jp/user/cellbiol/https://pxy-www.a.okayama-u.ac.jp/user/cellbiol/
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (5件): REIC/Dkk-3 ,  S100タンパク質 ,  がん ,  細胞生物学 ,  Cell Biology
競争的資金等の研究課題 (38件):
  • 2017 - 2020 新規S100 受容体による原発巣転移前がん微小環境構築とがん転移動力獲得の分子機構
  • 2019 - 2020 喫煙によるがん細胞休眠解除と転移能獲得へのS100A8/A9の役割の探求と制御
  • 2019 - 2020 がん免疫サイクルの観点からみたAb-REICと分泌REICタンパク質の分子機構の解明と新規創薬
  • 2017 - 2020 がん転移の“種と土”を解くS100タンパク質ワールド
  • 2019 - 2019 新たな治療標的として重要ながん転移を促すS100種の網羅的同定
全件表示
論文 (92件):
  • Yushi Ueki, Ken Saito, Hidekazu Iioka, Izumi Sakamoto, Yasuhiro Kanda, Masakiyo Sakaguchi, Arata Horii, Eisaku Kondo. PLOD2 Is Essential to Functional Activation of Integrin β1 for Invasion/Metastasis in Head and Neck Squamous Cell Carcinomas. iScience. 2020. 23. 2. 100850-100850
  • Ken Saito, Hidekazu Iioka, Satoshi Maruyama, I Wayan Sumardika, Masakiyo Sakaguchi, Eisaku Kondo. PODXL1 promotes metastasis of the pancreatic ductal adenocarcinoma by activating the C5aR/C5a axis from the tumor microenvironment. Neoplasia (New York, N.Y.). 2019. 21. 12. 1121-1132
  • Iioka Hidekazu, Saito Ken, Sakaguchi Masakiyo, Morii Eiichi, Kondo Eisaku. Crumbs3 promotes metastasis of colon cancer by regulating focal adhesion components. CANCER SCIENCE. 2019. 145. 10. 2740-2753
  • Hidekazu Iioka, Ken Saito, Masakiyo Sakaguchi, Taro Tachibana, Keiichi Homma, Eisaku Kondo. Crumbs3 is a critical factor that regulates invasion and metastasis of colon adenocarcinoma via the specific interaction with FGFR1. International journal of cancer. 2019. 145. 10. 2740-2753
  • Yosuke Mitsui, Nahoko Tomonobu, Masami Watanabe, Rie Kinoshita, I Wayan Sumardika, Chen Youyi, Hitoshi Murata, Ken-Ichi Yamamoto, Takuya Sadahira, Acosta Gonzalez Herik Rodrigo, et al. Upregulation of Mobility in Pancreatic Cancer Cells by Secreted S100A11 Through Activation of Surrounding Fibroblasts. Oncology research. 2019. 27. 8. 945-956
もっと見る
MISC (145件):
  • 光井 洋介, 定平 卓也, 渡部 昌実, 丸山 雄樹, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 阪口 政清, 那須 保友. S100A11は筋浸潤性膀胱癌細胞と線維芽細胞のクロストークに関与し腫瘍進行に寄与する(S100A11 contributes to tumor progression with cross talking between muscle invasive bladder cancer cells and fibroblasts). 西日本泌尿器科. 2019. 81. 増刊. 138-138
  • 阪口 政清. S100タンパク質に着眼したがん転移機構の解明とその制御. 岡山医学会雑誌. 2018. 130. 135-139
  • 山本 健一, 高松 仁, 光井 洋介, 木下 理恵, 村田 等, 二見 淳一郎, 山本 靖彦, 西堀 正洋, 豊岡 伸一, 阪口 政清. 分泌性S100A11-受容体RAGEシグナルに着眼した膵がん間質増大のメカニズムの解明. 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集. 2018. 22回. 117-117
  • 光井 洋介, 山本 健一, Sumardika I Wayan, 木下 理恵, 村田 等, 二見 淳一郎, 高松 仁, 山本 靖彦, 西堀 正洋, 豊岡 伸一, et al. 膵がん進展に導く膵がん細胞 間質線維芽細胞クロストークを介在する分泌性S100A11 受容体RAGE連携の役割. 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集. 2018. 22回. 156-156
  • Masakiyo Sakaguchi, Rie Kinoshita, Endy Widya Putranto, I. Made Winarsa Ruma, I. Wayan Sumardika, Chen Youyi, Naoko Tomonobu, Ken-ichi Yamamoto, Hitoshi Murata. Signal Diversity of Receptor for Advanced Glycation End Products. ACTA MEDICA OKAYAMA. 2017. 71. 6. 459-465
もっと見る
特許 (48件):
  • 肺炎症性疾患の予防及び/又は治療剤
  • 抗S100A8/A9抗体とその用途
  • 抗S100A8/A9抗体
  • リン酸化SARM1、抗体、SARM1リン酸化阻害剤、神経変性疾患の予防又は治療薬、スクリーニング方法、SARM1改変体及び使用
  • 好中球活性化に起因する疾患の治療薬、治療方法及び検査方法
もっと見る
書籍 (7件):
  • 動物細胞培養・自動化におけるトラブル発生原因と対策
    技術情報協会 2017
  • 培養細胞実験ハンドブック
    羊土社 2009
  • 培養細胞実験ハンドブック
    羊土社 2009
  • 培養細胞実験ハンドブック
    羊土社 2009
  • 培養細胞実験ハンドブック
    羊土社 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (144件):
  • Novel biologics to prevent cancer metastasis
    (第9回International DAMPs and Alarmins Symposium 2019)
  • Development of novel biologics to prevent lung tropic cancer metastasis.
    (The First International Symposium on Immunology and Cancer in 2018)
  • s100a8/A9タンパク質と臓器指向性転移
    (第28回創薬・薬理フォーラム岡山 2017)
  • ゲノムと遺伝情報-5) RNAプロセシング、輸送、翻訳、非コードRNA
    (第39回日本分子生物学会年会 2017)
  • 核内受容体HNF4γによる肝がん細胞の再分化誘導
    (第39回日本分子生物学会年会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2001 岡山大学 細胞生物学
  • - 2001 岡山大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (岡山大学)
経歴 (10件):
  • 2008 - 2018 岡山大学医歯薬学総合研究科 准教授
  • 2008 - 2018 Associate Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University
  • 2018 - - 岡山大学医歯薬学総合研究科 教授
  • 2018 - - Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University
  • 2007 - 2008 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017/07 - 2017/07 日本組織培養学会第90回大会 プログラム 運営委員
  • 2004 - 日本組織培養学会 大会運営補助
受賞 (7件):
  • 2017/06 - 岡山医学会賞(結城賞)
  • 2017 - 平成28年度ウエスコ財団優秀研究者賞
  • 2014 - 公益財団法人山陽放送学術文化財団第51回学術研究助成医歯薬学分野学術奨励賞
  • 2010 - 岡山大学若手トップリサーチャー研究奨励賞
  • 2001 - アメリカがん学会研究奨励賞
全件表示
所属学会 (8件):
日本組織培養学会 ,  日本癌学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  アメリカ細胞生物学会 ,  アメリカ癌学会 ,  THE AMERICAN SOCIETY FOR CELL BIOLOGY ,  AMERICAN CANCER SOCIETY
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る