研究者
J-GLOBAL ID:200901056601681564   更新日: 2020年10月08日

室井 みや

ムロイ ミヤ | Muroi Miya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 実験心理学
研究キーワード (1件): 医療心理学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2100 - 医療現場における“し忘れ”を防ぐための認知心理学的研究
  • 2016 - 2020 分野横断的リスクリテラシー測定尺度の開発
  • 2011 - 2016 目撃証言の正確さを規定する要因および正確さを担保する識別・尋問方法に関する研究
  • 2007 - 2009 大学の資源を活用した養護学校高等部における現場実習の在り方に関する研究
  • 2005 - 2007 異なる感覚モダリティで呈示された情報の知覚処理のメカニズムに関する研究
全件表示
論文 (21件):
MISC (3件):
  • 齋藤雅英, 室井みや, 三村覚, 工藤多恵, 岡部康成. 後催眠健忘暗示が潜在記憶に与える影響. 愛媛女子短期大学紀要. 2004. 16. 59-67
  • 選択的注意における知覚的負荷の影響-知覚的負荷とは?-. 京都大学大学院教育学研究科紀要. 2000. 46. 183-195
  • Effect of the Perceptual Load in the Selective Attention-What is the Perceptual Load? -. Kyoto University Research Studies in Education. 2000. 46. 183-195
書籍 (2件):
  • 体育・スポーツを専攻する人のための教育心理学
    樹村房 2014 ISBN:9784883672370
  • 臨床心理学における科学と疑似科学
    北大路書房 2007 ISBN:9784762825750
講演・口頭発表等 (4件):
  • Allocation of spare capacity : Opposite effects of search load and perceptual load
    (The annual scientific meeting of Experimental Psychology Society 2000)
  • Different effects of search load and perceptual load on selective attention
    (40th annual meeting of the psychonomic society 2000)
  • The influence of separation in Stroop-like numerical interference tasks. (共著)
    (Canadian society for Brain, Behavior, Cognitive Science, 9th annual meeting 1999)
  • Event-related potentials associated with suppression of a word production. (共著)
    (Fourth IBRO world congress of Neuroscience 1995)
学歴 (4件):
  • - 1997 京都大学 教育方法学
  • - 1997 京都大学
  • - 1995 京都大学 教育心理
  • - 1995 京都大学
学位 (1件):
  • 教育学 (京都大学)
経歴 (10件):
  • 2020/10 - 現在 兵庫医科大学 教授
  • 2011/09 - 2020/09 兵庫医科大学 准教授
  • 2008/04 - 2011/08 兵庫医科大学医学部講師
  • 2007 - 2008 日本大学文理学部非常勤講師
  • 2006 - 2008 群馬大学教育学部障害児教育講座講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2007 - 現在 日本心理学会認定心理士資格認定委員
  • 2004 - 現在 日本認知心理学会情報委員
所属学会 (6件):
日本看護教育学会 ,  日本認知心理学会 ,  日本教育工学会 ,  日本基礎心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る