研究者
J-GLOBAL ID:200901060687017065   更新日: 2021年03月27日

眞嶋 亜有

マジマ アユ | Ayu Majima
所属機関・部署:
職名: 専任講師
ホームページURL (1件): https://www.meiji.ac.jp/nippon/teachingstaff/Ayu_Majima.html
研究分野 (12件): その他 ,  地域研究 ,  社会心理学 ,  日本史 ,  日本文学 ,  思想史 ,  文化人類学、民俗学 ,  史学一般 ,  ジェンダー ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (24件): 思想 ,  ジェンダー ,  家族 ,  心性 ,  社会と文化 ,  母子癒着と父の疎外 ,  家族とジェンダー ,  一足制と二足制 ,  土足 ,  病気観 ,  比較文化 ,  西洋化 ,  生活様式 ,  生活文化 ,  水虫 ,  足白癬 ,  清潔概念 ,  恥 ,  劣等感 ,  エリート ,  美醜 ,  人種意識 ,  身体 ,  近現代日本
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2008 - 2010 「21世紀日本におけるソフトパワーの地域拠点としてのTSUKIJI:2012年以降の市場移転に向けて築地文化の再創造と世界発信の為のブランド構築-」
  • 2004 - 2007 「近代日本における身体の〈西洋化〉と其の人種的側面を巡る社会・文化史研究」
  • 近現代日本における身体の「西洋化」をめぐる諸問題
論文 (10件):
  • 眞嶋亜有. 「二足制とその清潔神話をめぐる考察の試みー日本の公共空間におけるスリッパと衛生管理状況を手がかりにー」. 国際日本学研究. 2021. 13. 1. 57-76
  • 眞嶋亜有「水虫からみる比較生活文化論の試みー日本におけるその社会的文化的背景への一考察に向けて」『明治大学人文科学研究所紀要』第86冊、2020年、35-74頁. 2020. 35-74
  • Ayu MAJIMA “Skin Color Melancholy in Modern Japan: Japanese Male Elites and Racial Experiences Abroad: 1880s to 1950s” in Race and Racism in Modern Asia: Western Constructions and Eastern Reactions edited by Rotem Kowner and Walter Demel. Pp.391-410. Leiden: Brill. 2012. 2012. 391-410
  • Ayu MAJIMA “Eating Meat, Seeking Modernity: Food and Imperialism in Late Nineteenth and Early Twentieth Century Japan.” (republication) In Critical Readings on Food in East Asia edited by K.J. Cwiertka. Pp. 95-121. Leiden: Brill. 2012. 2012. 95-121
  • 眞嶋 亜有. 眞嶋亜有「20世紀初頭の米国におけるathlete's footの成立」. 生活學論叢. 2010. 17. 3-13
もっと見る
書籍 (8件):
  • 眞嶋亜有「天皇・マッカーサー写真の衝撃」半藤一利, 船橋洋一, 出口治明, 水野和夫, 佐藤優, 保阪正康 他著『大人のための昭和史入門』文春新書、2015年
    文藝春秋 2015
  • 眞嶋亜有『「肌色」の憂鬱-近代日本の人種体験-』中公叢書
    中央公論新社 2014
  • Ayu MAJIMA “Skin Color Melancholy in Modern Japan: Japanese Male Elites and Racial Experiences Abroad: 1880s to 1950s” in Race and Racism in Modern Asia: Western Constructions and Eastern Reactions edited by Rotem Kowner and Walter Demel. Pp.391-410. Leiden: Brill. 2012
    2012
  • Ayu MAJIMA “Eating Meat, Seeking Modernity: Food and Imperialism in Late Nineteenth and Early Twentieth Century Japan.” (republication) In Critical Readings on Food in East Asia edited by K.J. Cwiertka. Pp. 95-121. Leiden: Brill. 2012
    Brill, Leiden 2012
  • 眞嶋亜有「水虫-近現代日本の栄光とその痕跡-」p.89-p.128 2005年6月 思文閣出版 園田英弘編『逆欠如の日本生活文化-日本にあるものは世界にあるか-』
    思文閣出版 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • The Paradox of Cleanliness?: The Stigma of Athlete’s foot and Shame Issues in Japan”,
    (6th East Asian Public Health Symposium, 2010)
  • 「水虫と日本人:清潔と恥をめぐる日米比較から」
    (ボストン日本人研究者交流会 2010)
  • 「孤独とはなにか-この,人を魅了し,さいなませるもの-」(The Allure of Loneliness: Suffering and Longing for the Self-Differentiation in the Modern Era)
    (ICUアジアンフォーラム 2010)
  • 「清潔文明の逆説としての水虫-その日米比較と“伝統”的生活様式との関連から-」(Mizumushi and Athlete’s foot:Paradoxical Process of Cleanliness and Body in Modern Japan)
    (国際スポーツ社会学会国際大会 2008)
  • 「なぜ日本は水虫大国となったのか-水虫をめぐる日米間の比較生活文化史的観点から-」
    (第19回住宅総合研究財団世界のすまい方フォーラム 2008)
もっと見る
Works (2件):
  • 眞嶋亜有「人間宣言 昭和二十一(一九四六)年 天皇・マッカーサー写真の衝撃」 『大人の近現代史入門 ー日本近現代史がわかる 最重要テーマ20』文藝春秋Special
    眞嶋 亜有 2015 -
  • 東京の多文化主義社会への可能性--在日ムスリムと食のタブーを手がかりに (特集 食をめぐるタブーの運命)
    真嶋 亜有 2001 -
学歴 (1件):
  • 2001 - 2004 国際基督教大学大学院
学位 (1件):
  • 学術博士 (国際基督教大学大学院)
経歴 (12件):
  • 2015/04 - 現在 明治大学 国際日本学部 Senior Assistant Professor
  • 2013/08 - 現在 ハーバード大学 ライシャワー日本研究所 アソシエイト・イン・リサーチ
  • 2004/04 - 2020/03 国際基督教大学 アジア文化研究所 研究員
  • 2001/04 - 2018/03 国際日本文化研究センター 共同研究員
  • 2009/08 - 2013/07 ハーバード大学 人類学部 アソシエイト
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/01 - 明治大学 第23回連合駿台会学術賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る