研究者
J-GLOBAL ID:200901063251443904   更新日: 2011年05月27日

原口 友輝

ハラグチトモキ | Tomoki Haraguchi
所属機関・部署:
職名: 大学院生(博士課程)
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (3件): 教育方法学 ,  人権教育 ,  道徳教育
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 人権教育を土台とした道徳教育に関する一考察-ヨーロッパ評議会による人権教育マニュアル「コンパス」の分析を通して-
  • 「移行期の正義」論における教育の位置-「歴史と私たち自身に向き合う(Facing History and Ourselves)」の事例を中心に-
  • 人権教育の指導方法に関する一考察 -「歴史と私たち自身に向き合う(Facing History and Ourselves)」 プログラムの検討を中心に-
MISC (5件):
  • 原口友輝. 人権教育を土台とした道徳教育に関する一考察 -ヨーロッパ評議会による人権教育マニュアル『コンパス』の分析を通して-. 筑波大学道徳教育研究会編『筑波大学道徳教育研究』. 2011. 12
  • 原口友輝. 『歴史と私たち自身に向きあう』プログラムによる道徳教育の可能性-『思考』と『判断』の観点から-. 筑波大学人間総合科学研究科学校教育学専攻 筑波大学学校教育学研究紀要』. 2011. 4
  • 原口友輝. 人権教育の指導方法に関する一考察-『歴史と私たち自身に向き合う』プログラムにおける授業プランの検討を通して-. 筑波大学道徳教育研究会編『筑波大学道徳教育研究』. 2009. 10
  • 原口友輝. 「歴史と私たち自身に向き合う(Facing History and Ourselves)」プログラムに関する一考察-「人権実現のための能力」の育成の観点から-. 筑波大学道徳教育研究. 2007. 9
  • 原口友輝. 人権教育の指導方法に関する一考察 -「歴史と私たち自身に向き合う」 プログラムの検討を中心に-. 『関東教育学会紀要』. 2007. 34
講演・口頭発表等 (3件):
  • 参加型の人権教育に関する一考察-『歴史と私たち自身に向き合う(Facing History and Ourselves)』の事例の検討を通して-
    (日本教育学会第69回大会 2010)
  • 「移行期の正義」論における人権教育の位置-「歴史と私たち自身に向き合う(Facing History and Ourselves)」の取り組みの検討を通して-
    (日本教育学会第67回大会 2008)
  • 人権教育の指導方法に関する一考察-「歴史と私たち自身に向き合う(Facing History and Ourselves)」プログラムの分析を通して-
    (日本教育方法学会第43回大会 2007)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る