研究者
J-GLOBAL ID:200901065483371864   更新日: 2021年10月26日

渡井 葉子

ワタイ ヨウコ | Watai Yoko
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
研究分野 (2件): アジア史、アフリカ史 ,  ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (10件): 古代オリエント史 ,  アケメネス朝 ,  楔形文字 ,  新バビロニア ,  西アジア史 ,  メソポタミア ,  アッシリア学 ,  Babylonia ,  Achaemenid ,  Assyriology
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 「新バビロニア時代における女性の社会経済的役割」
論文 (13件):
  • 渡井 葉子. “An Administrative Text from the Neo-Babylonian Period found in the Collection of the Hirayama Ikuo Silk Road Museum, Japan” (Forthcoming). Archiv für Orientforschung. 2021. forthcoming
  • 渡井葉子. The Monuments of the Neo-Babylonian Kings as an Indication for Their Presence in the Western Territories of Their Empire. S. Hasegawa & K. Radner (eds.), The Reach of the Assyrian and Babylonian Empires: Case studies in Eastern and Western Peripheries. 2020. 149-165
  • 渡井 葉子. "Women Involved in Daily Management in Achaemenid Babylonia: The Cases of Rē’indu and Andiya". 第2回コペンハーゲン・中央大学ワークショップ “Women’s Religious and Economic Roles in Antiquity” (2017年11月、中央大学多摩キャンパス、代表:唐橋文中央大学文学部教授)研究報告書. 2019
  • COUSIN Laura, 渡井 葉子. "Onomastics and Gender Identity in First-Millennium BCE Babylonia". S. L. Budin, M. Cifarelli, A.Garcia-Ventura and A. Millet-Albà (eds.), Gender, Methodology and the Ancient Near East, Proceedings of the Second Workshop held in Barcelona, February 1-3 2017, Barcelona. 2018. 243-255
  • 渡井 葉子. Economic Activities of Women in 1st Millennium Babylonia. C. Michel and B. Lion (eds.) The Role of Women in Work and Society in the Ancient Near East, Studies in Ancient Near Eastern Records 13, Berlin. 2016. 494-511
もっと見る
MISC (6件):
  • 渡井 葉子. 「回顧と展望」西アジア・北アフリカ(古代オリエント). 史学雑誌. 2018. 127. 5. 296-300
  • ブリジット・リオン著, 渡井葉子, 唐橋文訳. ブリジット・リオン著「ヌジとアラプハの文書(紀元前14世紀)における女性と土地について」(共訳). 中央大学文学部紀要266号(史学62号). 2017. 109-147
  • 渡井 葉子. 書評:山田重郎著『ネブカドネザル2世:バビロンの再建者』. オリエント. 2017. 60. 1. 78-83
  • 渡井 葉子. 「策略かビジネスか?〜新バビロニアの契約書から深読みする、土地を巡る駆け引き」. ORIENTE(古代オリエント博物館友の会会報). 2016. 52. 16-19
  • 渡井 葉子[訳], 渡井 葉子. フランシス・ジョアンネス : 新バビロニア時代の神殿における女性の経済的役割. 紀要. 史学. 2014. 59. 251. 1-28
もっと見る
書籍 (4件):
  • 『ビジュアル図解 メソポタミア文明事典』(翻訳)
    2021
  • 『イスラームは特殊か--西アジアの宗教と政治の系譜』第五章「バビロン捕囚期のユダ共同体--ユダヤ教団の萌芽」(分担執筆、共著)
    勁草書房 2018
  • 『楔形文字をよむ』(翻訳)
    山川出版社 2012
  • 日本オリエント学会編『古代オリエント事典』「エギビ家」、「ムラシュ家」、「ナボポラッサル」、「ネリグリッサル」、「アメル・マルドゥク」、「ナブー・ベール・シュマティ」
    岩波書店 2004
講演・口頭発表等 (12件):
  • 「紀元前1千年紀バビロニアの都市民の家族における女性の役割」
    (日本オリエント学会第62回大会 2020)
  • “The House of the Egibi Family in Babylon and Its Relationship to Royal Power”
    (国際アッシリア学会(2019年7月8-12日、パリ、コレージュ・ド・フランス) 2019)
  • “Women Involved in Daily Management in Achaemenid Babylonia: The Cases of Rē’indu and Andiya”
    (Third Workshop on Gender, Methodology and the Ancient Near East (2019年4月8-10日、ヘント大学) 2019)
  • Onomastics of Women in Babylonia
    (Onomastics Training Week(ヴェネツィア大学、2018年5月29日〜6月1日) 2018)
  • "Women involved in daily management in Achaemenid Babylonia: the cases of Rē’indu and Andiya"
    (第2回コペンハーゲン大学・中央大学ワークショップ“Women’s Religious and Economic Roles in Antiquity”(2017年11月10日〜11日、中央大学多摩キャンパス、代表:唐橋文・中央大学文学部教授) 2017)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2006 - 2012 パリ第1大学博士課程(博士号取得)
  • 2000 - 2008 中央大学大学院博士後期課程 西洋史専攻
  • 2005 - 2006 パリ第8大学修士課程(Master 2 / DEA)
  • 1997 - 2000 中央大学大学院博士前期課程 西洋史学専攻
  • 1992 - 1997 東京女子大学 史学科
学位 (1件):
  • 博士 (パリ第1大学)
経歴 (13件):
  • 2021/04 - 現在 聖心女子大学 現代教養部史学科 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 都留文科大学 地域社会学科 非常勤講師
  • 2019/03 - 現在 東京女子大学現代教養学部人文学科 非常勤講師
  • 2019/03 - 現在 中央大学文学部西洋史学科 兼任講師
  • 2017/04 - 現在 昭和女子大学 歴史文化学科 非常勤講師
全件表示
所属学会 (1件):
日本オリエント学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る