研究者
J-GLOBAL ID:200901071849698152   更新日: 2022年01月18日

森 千里

モリ チサト | Mori Chisato
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://cpms.chiba-u.jp/members/
研究分野 (2件): 化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (4件): Embryology) 環境科学 Environmental Science ,  解剖学一般(含組織学・発生学) Anatomy in general (including Histology ,  Embryology) Environmental Science ,  Anatomy in general (including Histology
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1993 - ホ乳類の形態形成におけるプログラム細胞死について
論文 (123件):
  • Hiromi Tanabe, Kenichi Sakurai, Yumiko Nakanishi, Tamotsu Kato, Yohei Kawasaki, Taiji Nakano, Fumiya Yamaide, Naoko Taguchi-Atarashi, Yuki Shiko, Ikumi Takashima, et al. Association of the Maternal Gut Microbiota/Metabolome with Cord Blood CCL17. Nutrients. 2021. 13. 8. 2837-2837
  • Midori Yamamoto, Kenichi Sakurai, Chisato Mori, Akira Hata. Participant mothers' attitudes toward genetic analysis in a birth cohort study. Journal of human genetics. 2021. 66. 7. 671-679
  • Hiromi Tanabe, Kenichi Sakurai, Tamotsu Kato, Yohei Kawasaki, Taiji Nakano, Fumiya Yamaide, Naoko Taguchi-Atarashi, Masahiro Watanabe, Shingo Ochiai, Hiroshi Ohno, et al. Corrigendum to "Association of the maternal microbiome in Japanese pregnant women with the cumulative prevalence of dermatitis in early infancy: A pilot study from the Chiba study of Mother and Child Health birth cohort" [World Allergy Organ J 12/10 (2019) 100065]. The World Allergy Organization journal. 2021. 14. 1. 100507-100507
  • Norimichi Suzuki, Hiroko Nakaoka, Yoshitake Nakayama, Kayo Tsumura, Kohki Takaguchi, Kazunari Takaya, Akifumi Eguchi, Masamichi Hanazato, Emiko Todaka, Chisato Mori. Association between sum of volatile organic compounds and occurrence of building-related symptoms in humans: A study in real full-scale laboratory houses. The Science of the total environment. 2021. 750. 141635-141635
  • Matthias Fröhlich, Chie Koga, Christoph Bührer, Chisato Mori, Midori Yamamoto, Kenichi Sakurai, Larry Hinkson. Differences in Rate and Medical Indication of Caesarean Section between Germany and Japan. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2020
もっと見る
MISC (243件):
  • 上瀧(西沢) 紫乃, 櫻井 健一, 江口 哲史, 田邉 裕美, 渡邉 応宏, 森 千里. 臍帯血中水銀濃度と臍帯組織のDNAメチル化との関係. DOHaD研究. 2019. 8. 3. 50-50
  • 櫻井 健一, 江口 哲史, 渡邉 応宏, 山本 緑, 石川 耕, 森 千里. メタボローム解析を用いた妊娠糖尿病発症予測マーカーの探索. 糖尿病. 2018. 61. Suppl.1. S-165
  • 中岡宏子, 鈴木規道, 中山誠健, 高谷一成, 下田美智子, 戸高恵美子, 花里真道, 森千里, 森千里. ケミレスタウン・プロジェクトフェーズ3の目指すもの 2017年-2022年の展望. 臨床環境医学(Web). 2018. 26. 2. 108-113 (WEB ONLY)
  • 中岡宏子, 戸高恵美子, 花里真道, 鈴木規道, 中山誠健, 高谷一成, 下田美智子, 森千里, 森千里. 環境改善型予防医学に基づいたケミレスタウン・プロジェクト. 臨床環境医学(Web). 2018. 26. 2. 98-107 (WEB ONLY)
  • 森 千里, 江口 哲史, 西沢 紫乃, 田邉 裕美, 渡邉 応宏, 戸高 恵美子, 櫻井 健一. 母児胎盤経由PCB曝露における臍帯のDNAメチル化変異に関する検討. 日本毒性学会学術年会. 2018. 45. 0. O-24
もっと見る
Works (8件):
  • トキシコジェノミクスを基盤としたDNAマイクロアレイによる毒性評価法の開発
    2002 - 2006
  • 外因性内分泌撹乱化学物質の精子及び次世代への影響
    1999 - 2006
  • 精子形成過程に特異的に発現する遺伝子群について
    1992 - 2006
  • 特定非営利活動法人次世代環境健康学センター設立
    1992 -
  • 内分泌かく乱物質の動物への発生内分泌学的影響:CREST:2001
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士・乙 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2008/04 - 現在 千葉大学 予防医学センター センター長
  • 2001/04 - 現在 千葉大学 大学院 医学研究院 環境生命医学 教授
  • 2000/04 - 2001/03 千葉大学 医学部 教授
  • 1992 - 2000 京都大学 医学部 助教授
  • 1984 - 1992 京都大学 医学部 助手
受賞 (3件):
  • 2005 - 日本臨床環境医学会奨励賞
  • 2001 - 日本内分泌学会優秀論文賞
  • 1995 - 日本解剖学会奨励賞
所属学会 (7件):
日本臨床環境医学会 ,  千葉医学会 ,  日本アンドロロジー学会 ,  日本内分泌撹乱化学物質学会 ,  米国生殖研究会(The Society for the study of Reproduction) ,  日本受精着床学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る