研究者
J-GLOBAL ID:200901072785523678   更新日: 2020年08月31日

渡邊 晋生

ワタナベ クニオ | Watanabe Kunio
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.bio.mie-u.ac.jp/~kuniohttp://www.bio.mie-u.ac.jp/~kunio/index.html
研究分野 (4件): 地域環境工学、農村計画学 ,  結晶工学 ,  応用物性 ,  大気水圏科学
研究キーワード (6件): 結晶成長学 ,  寒冷地水文学 ,  土壌物理学 ,  Crystal Growth ,  Cryo-Hydrology ,  Soil Physics
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2022 Yoshiko Muto, Takahiro Doyama, Maki Nakanishi and Kunio Watanabe
  • 2014 - 2017 凍結融解にともなう土中の物質移動予測の多次元および非平衡系への進展
  • 2011 - 2013 土壌凍結層の発達・融解浸潤にともなう土中の水分・窒素移動の解明と予測
  • 2008 - 2010 不飽和土の凍結と凍土への浸潤にともなう土中の水・熱・物質移動機構の解明
  • 2006 - 2007 凍結・融解過程にある不飽和土中の水・熱・物質移動機構の解明
全件表示
論文 (49件):
もっと見る
MISC (29件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 多孔体の精密制御と機能・物性評価
    Science&Technology 2008 ISBN:9784903413341
  • Precise Control and Estimation of Porous Materials
    Science&Technology 2008 ISBN:9784903413341
  • 土壌物理学 -土中の水・熱・ガス・化学物質移動の基礎と応用-
    築地書館 2006 ISBN:4806713244
  • Soil Physics, Japanes translation for 6th Edition by William A. Jury and Robert Horton
    Tsukiji Shyokan 2006 ISBN:4806713244
Works (9件):
  • 重金属集積性植物を用いた有害金属汚染土壌浄化法の研究
    2003 -
  • 多面的機能維持増進調査三重中央地区
    2002 -
  • 宇宙環境下の多孔質体中における水分とエネルギー輸送に関する研究
    2002 -
  • 蛍光X線分光法を用いた土壌・根系の無機元素分析による環境計測法の確立
    2002 -
  • 資源循環社会を実現するための新指標の構築に関する研究
    2001 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1999 三重大学 生物圏保全科学専攻
  • - 1999 三重大学
  • - 1994 三重大学 生物資源学科
  • - 1994 三重大学
学位 (2件):
  • Master of Earth Enviromental Science (Hokkaido University)
  • Ph. D (Mie University)
経歴 (3件):
  • 1999 - 2001 日本学術振興会 特別研究員
  • 1999 - 2001 Research Fellow of Japan Society for the
  • promortion of science
受賞 (5件):
  • 2011/10 - 土壌物理学会 学会賞(論文賞)
  • 2011/09 - 日本学術振興会 科学研究費審査委員表彰
  • 2004 - 土壌物理学会学会賞
  • 2004 - 日本雪氷学会平田賞
  • 2003 - 土壌物理学会学会賞
所属学会 (12件):
Soil Science Society of America ,  地盤工学会 ,  土壌物理学会 ,  日本結晶成長学会 ,  日本雪氷学会 ,  農業土木学会 ,  The Japanese Geotechnical Society ,  Japanese Society of Soil Physics ,  Japanese Association for Crystal Growth ,  Japanese Society of Snow and Ice ,  Drainage and Reclamation Engineering ,  Japanese Society of Irrigation
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る