研究者
J-GLOBAL ID:200901076397789645   更新日: 2020年05月28日

足立 尚登

アダチ ナオト | Adachi Naoto
所属機関・部署:
職名: 助教授
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 造血因子の細胞内シグナル解析.
  • Signal Transduction of Hematopoietic Growth Factor
MISC (16件):
  • SIRS(systemic inflammatory response syndrome) の予後因子としての血清チトクロームC測定の意義(共著). 医学のあゆみ(印刷中). 2002. '
  • Serum cytochrome C level as a prognostic indicator in patients with systemic inflammatory response syndrome. 2002. '
  • 小児期における血清プロガストリン放出ペプチドの年齢変化. 1997
  • Age-related changes of serum Pro-gastrin-releasing Peptide in Childhood. Acta Pediatrica Japonica. 1997
  • ビタミンE欠乏を呈したshwachman症候群児にみられたNK細胞異常-α-トコフェロールによるNK細胞の正常化. 1996
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1981 熊本大学
  • - 1981 熊本大学
学位 (1件):
  • 医学博士
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る