研究者
J-GLOBAL ID:200901077737970460   更新日: 2021年05月18日

齊藤 毅

サイトウ タケシ | Saito Takeshi
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 京都大学大学院化学専攻
研究分野 (3件): 化学物質影響 ,  放射線影響 ,  地球生命科学
研究キーワード (8件): Extremophiles ,  極限環境微生物 ,  電離放射線 ,  環境ストレス ,  生体防御機構 ,  ionizing radiation ,  Environmental stress ,  protective mechanism
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2023 乾燥を選択圧とした適応進化実験による放射線耐性細菌の放射線耐性能の進化機構の解明
  • Study on radioprotective mechanism in organisms
  • 放射線耐性細菌含有カロテノイドによる生体脂質構造の防護を介した生体防御機構の解明
  • カロテノイド産生菌からの強力な抗酸化物質の探索法の確立
  • 放射線耐性細菌におけるラジカル除去剤による生体防御機構の解明
全件表示
論文 (61件):
  • Qi Zhao, Taishi Kobayashi, Takeshi Saito, Takayuki Sasaki. Gamma-irradiation-induced molecular-weight distribution and complexation affinity of humic acid with Cs+, Sr2+, and Eu3+. Journal of Hazardous Materials. 2021. 411. 125071-125071
  • Yuya Takada, Keigo Yamamoto, Atsushi Kinomura, Takeshi Saito, Nobuyuki Ichinose, Arifumi Okada, Takashi Wakasugi, Kohei Kadono. Radiophotoluminescence of Cu-doped silica glass derived from phase-separated sodium borosilicate glass. AIP Advances. 2021. 11. 3. 035208-035208
  • Ken Akamatsu, Naoya Shikazono, Takeshi Saito. Fluorescence anisotropy study of radiation-induced DNA damage clustering based on FRET. Analytical and Bioanalytical Chemistry. 2021. 413. 4. 1185-1192
  • Q. Zhao, R. Goto, T. Saito, T. Kobayashi, T. Sasaki. Effect of gamma-irradiation on complexation of humic substances with divalent calcium ion. Chemosphere. 2020. 256. 127021
  • R. Hashikawa, Y. Fujii, A. Kinomura, T. Saito, A. Okada, T. Wakasugi, K. Kadono. Radiophotoluminescence phenomenon in copper-doped aluminoborosilicate glass. Journal of the American Ceramic Society. 2019. 102. 1642-1651
もっと見る
MISC (4件):
特許 (1件):
  • 蛍光ガラス線量計用ガラス及びそれを備えた蛍光ガラス線量計
書籍 (2件):
  • 環境と微生物の事典
    朝倉書店 2014
  • Progress in Biochilarity
    Elsevier Science 2004
講演・口頭発表等 (38件):
  • Molecular size distribution of gamma-ray irradiated humic acid complexed with metal ions
    (日本原子力学会(春の年会) 2020)
  • 60Co - γ線照射ポルサイトの構造とセシウムイオン溶出挙動
    (第55回X線分析討論会 2019)
  • γ線を選択圧とした適応進化による放射線耐性大腸菌の作出
    (生命の起原および進化学会 第44回学術講演会 2019)
  • Cu含有シリカガラスにおけるラジオフォトルミネセンス
    (第66回応用物理学会春季学術講演会 2019)
  • ガンマ線照射による酸化物ガラス中のCuイオンの価数変化挙動
    (第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 1995 - 2000 広島大学アイソトープ総合センター助手
  • 1995 - 2000 Hiroshima university, Radioisotope Center, Research Assistant
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る