研究者
J-GLOBAL ID:200901078247401862   更新日: 2021年10月23日

宝田 徹

タカラダ トオル | Takarada Tohru
所属機関・部署:
職名: 専任研究員
ホームページURL (1件): http://www2.riken.jp/Kimlab/
研究分野 (5件): ナノバイオサイエンス ,  生体化学 ,  高分子化学 ,  分析化学 ,  ナノ材料科学
研究キーワード (8件): コロイド ,  高分子ミセル ,  分離分析 ,  遺伝子診断 ,  バイオ分析 ,  自己組織化 ,  核酸 ,  ナノ粒子
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2021 - 2024 DNAを用いる異種ナノ粒子アレイの構築と光学デバイスへの応用
  • 2013 - 2017 DNAソフト界面の特性を活かしたバイオマテリアルの創製
  • 2008 - 2012 DNA密生相が示す特異な界面現象の解明と応用
  • 2008 - 2011 DNAコンジュゲートを用いたアフィニティー電気泳動による遺伝子精密分析法の研究
  • 2003 - 2006 DNAコンジュゲート材料の設計とバイオハザードセンシングへの応用
全件表示
論文 (71件):
もっと見る
MISC (191件):
特許 (10件):
書籍 (6件):
  • ACS Symposium Series 1309 “Targeted Nanosystems for Therapeutic Applications: New Concepts, Dynamic Properties, Efficiency & Toxicity”
    Oxford University Press 2019
  • CSJカレントレビュー24 医療・診断・創薬の化学
    化学同人 2017
  • 化学フロンティア20 新しい地平をひらく分析手法の最前線
    化学同人 2009
  • 先端の分析法-理工学からナノ・バイオまで-
    エヌ・ティー・エス 2004
  • Metal Ions in Biological Systems
    Marcel Dekker 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • コロイドをDNAでつなぐ:等方的なナノ粒子の異方的な自己集合
    (コロイド&界面科学研究センター第4回研究討論会 2018)
  • Non-Crosslinking Aggregation of DNA-Functionalized Nanoparticles for Gene Diagnosis and Directed Assembly
    (化学系学協会東北大会 2018)
  • キャピラリー電気泳動を用いる遺伝子変異検出
    (第2回信大・理研ソフトマター交流サロン 2017)
  • 高分子プローブの流体抵抗に基づくDNAの電気泳動分離
    (日本分析化学会第66年会 2017)
  • DNA修飾ナノ粒子集合体の特異な異方構造形成:分析化学への適用可能性
    (日本分析化学会第66年会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1999 東京大学 化学生命工学専攻
  • 1992 - 1994 東京大学 工業化学科
  • 1990 - 1992 東京大学 理科一類
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2007/04 - 現在 理化学研究所 専任研究員
  • 2003/04 - 2007/03 理化学研究所 研究員
  • 2001/04 - 2003/03 九州大学 大学院工学研究院 助手
  • 2000/04 - 2001/03 東京大学 先端科学技術研究センター 協力研究員
委員歴 (2件):
  • 2017/03 - 現在 日本化学会関東支部 代表正会員
  • 2013/01 - 2013/11 第35回日本バイオマテリアル学会大会実行委員
受賞 (4件):
  • 2021/03 - 理研梅峰賞
  • 2017/01 - 日本分析化学会関東支部 新世紀賞
  • 2011/06 - 日本分析化学会 Most Cited Paper Award of Analytical Sciences 2010
  • 2006/09 - 日本分析化学会 第55年会イノベーション賞
所属学会 (4件):
日本分析化学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  日本ケミカルバイオロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る