研究者
J-GLOBAL ID:200901087466125373   更新日: 2020年06月07日

元島 史尋

モトジマ フミヒロ | FUMIHIRO MOTOJIMA
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~fmotojim/index-j.html
研究分野 (3件): 生物物理学 ,  機能生物化学 ,  構造生物化学
研究キーワード (4件): 構造機能生物学 ,  生物物理学 ,  生化学 ,  Biochemistry
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2003 - 分子シャペロンによるタンパク質フォールディングメカニズムの解析
  • 2003 - Analysis of protein folding by molecular chaperone GroEL/ES
MISC (11件):
書籍 (4件):
  • Determination of the number of active GroES subunits in the fused heptamer GroES required for interactions with GroEL
    Journal of Biological Chemistry 2008
  • Substrate polypeptide presents a load on the apical domains of the chaperonin GroEL
    Proc. Natl. Acad. Sci, USA 2004
  • Discrimination of ATP, ADP, and AMPPNP by chaperonin GroEL: hexokinase treatment revealed the exclusive role of ATP
    J. Biol. Chem. 2003
  • Hydrophilic residues at the apical domain of GroEL contribute to GroES binding but attenuate polypeptide binding
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 2000
講演・口頭発表等 (7件):
  • シャペロニン援助フォールディングにおける揺らぎ抑制の役割
    (国際高等研研究プロジェクト「分子基盤に基づく生体機能ネットワークとダイナミクスの解明」第2回研究会プログラム 2013)
  • シャペロニンがタンパク質フォールディングを援助する仕組み
    (第13回日本蛋白質科学会年会 2013)
  • シャペロニン援助フォールディングにおける揺らぎ制御の役割
    (新学術領域「揺らぎと生体機能」「水和とATP」合同公開シンポジウム 2012)
  • シャペロニンの新しい作用機構
    (第13回日本蛋白質科学会年会 2012)
  • Chaperonin changes protein folding by regulation of hydrophobic residues
    (新学術領域研究国際シンポジウム”Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions” 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2000 東京工業大学大学院 バイオサイエンス専攻
  • - 2000 東京工業大学
  • - 1993 東京工業大学 生物工学科
学位 (2件):
  • 理学修士 (東京工業大学)
  • 理学博士 (東京工業大学)
経歴 (8件):
  • 2007 - 2010 :東京工業大学 資源化学研究所 助教
  • 2003 - 2007 :東京工業大学 資源化学研究所 助手
  • 2003 - 2005 :Tokyo Institute of Technology Chemical Resources Laboratory Assistant professor
  • 2001 - 2003 :ハワード・ヒューズ医学研究所 非常勤研究員
  • 2001 - 2003 :Howard Hughes Medical Institute Postdoctral associate
全件表示
所属学会 (3件):
日本蛋白質科学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る