研究者
J-GLOBAL ID:200901087668735440   更新日: 2019年11月05日

永井 崇弘

ナガイ タカヒロ | Nagai Takahiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 外国語教育
研究キーワード (3件): 文言(文理,浅文理),白話(官話,方言),実詞,虚詞 ,  和製漢語,近代中国語語彙、日中語彙交流 ,  近代中国語語彙,翻訳学,東西言語文化接触,神学
論文 (19件):
  • 永井崇弘. モリソンの漢訳新約聖書本文における異同箇所について. 福井大学教育・人文社会系部門紀要. 2017. 1. 1-17
  • 永井崇弘. グリフィス訳浅文理新約聖書の版本とその訳文について-『馬可福音』からの考察-. 福井大学教育地域科学部紀要. 2016. 6. 1-13
  • 永井崇弘. 近代の漢訳聖書における節区分について-プロテスタントによる新約聖書を中心に-. 関西大学中国文学会紀要. 2016. 37. 135-154
  • 永井崇弘. 漢訳聖書の文書表題について-プロテスタントによる新約聖書を中心に-. 福井大学教育地域科学部紀要. 2015. 5. 1-24
  • 永井 崇弘. メドハーストの新約聖書南京官話訳本について-その成立および『約翰伝福音書』の2種の版本における異同箇所の考察ー. 国語国文学(福井大学言語文化学会). 2014. 53. 82-69
もっと見る
MISC (21件):
  • 永井 崇弘. メドハーストの新約聖書南京官話訳本について-その成立および『約翰伝福音書』の2種の版本における異同箇所の考察ー. 国語国文学(福井大学言語文化学会). 2014. 53. 82-69
  • 永井 崇弘. 官話和合訳の改訂にかかる参照官話訳の影響について-新約聖書『使徒行伝』における考察から-. 福井大学言語文化学会『国語国文学』. 2013. 52. 1-19
  • 永井 崇弘. 官話和合訳『使徒行伝』における改訂手法-その特徴と官話体の構成要素について-. 福井大学言語文化学会『国語国文学』. 2012. 51. 1-17
  • 永井 崇弘. 国語和合約の訳文成立過程について-1912年版『馬可福音』を手掛かりに-. 福井大学言語文化学会『国語国文学』. 2011. 50. 11-23
  • 永井 崇弘. 国語和合訳の決定訳成立について-1912年版『馬太福音』の改訂箇所からの考察-. 福井大学教育地域科学部紀要第I部人文科学(国語・国文学・中国学編). 2009. 60. 1-20
もっと見る
書籍 (2件):
  • 古代中国に隠された聖書の神
    スマイルブックス 2017 ISBN:9784921147150
  • 日本の中国語教育ーその現状と課題・2002-
    好文出版 2002 ISBN:4872200586
講演・口頭発表等 (1件):
  • 关于马礼逊与马士曼所依据的新约希腊文本
    (東アジア文化交渉学会(国際学会) 2017)
学歴 (3件):
  • - 1998 関西大学
  • - 1995 関西大学
  • - 1993 関西大学 中国文学科
学位 (1件):
  • 修士(文学) (関西大学)
経歴 (6件):
  • 2006/04 - 福井医療短期大学 中国語非常勤講師
  • 2002/04 - 2006/03 仁愛女子短期大学 中国語非常勤講師
  • 1999/04 - 2003/03 金沢大学外国語教育研究センター 中国語非常勤講師
  • 1998/04 - 1998/09 関西学院大学 中国語非常勤講師
  • 1998/04 - 1998/09 松阪大学政治経済学部 中国語非常勤講師
全件表示
所属学会 (5件):
国際中国語言学学会 ,  中国語教育学会 ,  日本中国語学会 ,  中国近世語学会 ,  東アジア文化交渉学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る