研究者
J-GLOBAL ID:200901090084303728   更新日: 2021年10月20日

有田 伸

ア リタシン | Arita Shin
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/mystaff/sarita.htmlhttps://www.iss.u-tokyo.ac.jp/mystaff/sarita_e.html
研究分野 (2件): 社会学 ,  地域研究
研究キーワード (12件): 経済社会学 ,  比較社会学 ,  東アジア ,  労働市場 ,  教育 ,  社会階層 ,  韓国 ,  East Asia ,  Social stratification ,  Labor market ,  Education ,  Korea(South)
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2020 - 2025 国際調査を通じた報酬格差の受容・正当化メカニズムの比較社会学研究
  • 2018 - 2025 格差の連鎖・蓄積モデルからみたライフコースと不平等に関する総合的研究
  • 2018 - 2023 若年・壮年日本人移住者のキャリア移動とライフコース展望に関する縦断調査研究
  • 2018 - 2023 雇用保障と社会保障の認知と選好:パネル化認知・コンジョイント実験分析
  • 2018 - 2021 現代日本における格差の連鎖メカニズムとセカンド・チャンスに関する研究
全件表示
論文 (24件):
  • 有田伸. ポスト産業化時代の日本と韓国における格差問題. 国際問題. 2021. 703. 26-34
  • 有田伸. アジア社会の比較研究とはいったい何か-目的・プロセス・意義. 教育社会学研究. 2021. 108. 19-38
  • 有田伸. ネガティブ・ケイパビリティと新型コロナ感染という危機. 日本労働研究雑誌. 2021. 63. 4. 90-94
  • 有田伸, 仲修平. 変化の向き等を区別したパネルデータ分析の実践:それでも使いたいあなたに. 東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクトディスカッションペーパーシリーズ. 2021. 134. 1-20
  • 有田伸. 社会学の視点から見る現代日本の「働く仕組み」. 学術の動向. 2020. 25. 6. 6_68-6_70
もっと見る
MISC (26件):
  • 有田伸. 書評:今井順著『雇用関係と社会的不平等-産業的シティズンシップ形成・展開としての構造変動』. 季刊 個人金融 2021夏. 2021. 16. 2. 110-111
  • 石田浩, 有田伸, 藤原翔. 筒井淳也氏の『人生の歩みを追跡する:東大社研パネル調査でみる現代日本社会』の書評に応えて. 教育社会学研究. 2020. 107. 189-190
  • 石田 浩, 三輪 哲, 小川 和孝, 有田 伸. 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2016」の分析結果にみる若年・壮年者の離家経験、長時間労働と家族形成、子ども保険への加入、危機への意識(後編). 中央調査報. 2017. 720. 6301-6309
  • 石田 浩, 三輪 哲, 小川 和孝, 有田 伸. 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2016」の分析結果にみる若年・壮年者の離家経験、長時間労働と家族形成、子ども保険への加入、危機への意識(前編). 中央調査報. 2017. 719. 6291-6299
  • 石田 浩, 有田 伸, 藤原 翔, 小川 和孝. 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2015」から見る非認知的スキル、仕事の負担、結婚に影響する意識、資産の不平等(後編). 中央調査報. 2016. 708. 6199-6205
もっと見る
書籍 (25件):
  • 少子高齢社会の階層構造3 人生後期の階層構造
    東京大学出版会 2021 ISBN:9784130551434
  • 日本の報酬格差とその正当化メカニズムの比較実証研究(科研報告書)
    https://researchmap.jp/multidatabases/multidatabase_contents/download/423847/7924a29bb6d124df81f1aca69c283193/23253?col_no=2&frame_id=894904 2020
  • Education and Social Stratification in South Korea
    University of Tokyo Press 2020 ISBN:9784130572019
  • 人生の歩みを追跡する : 東大社研パネル調査でみる現代日本社会
    勁草書房 2020 ISBN:9784326603268
  • 未来への手応え
    東京大学出版会 2019 ISBN:9784130302166
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2002 東京大学 地域文化研究専攻
  • - 1995 東京大学 地域文化研究専攻
  • - 1992 東京大学 社会学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2012 - 現在 東京大学社会科学研究所教授
  • 2009 - 2012 東京大学社会科学研究所准教授
  • 2005 - 2009 東京大学大学院総合文化研究科助教授・准教授
  • 2002 - 2005 東京大学大学院総合文化研究科講師
  • 2000 - 2002 成蹊大学アジア太平洋研究センター特別研究員
受賞 (5件):
  • 2019/06 - 2019 FFJ/SASE Award for the Best Paper on Asia
  • 2009 - 第5回日本学術振興会賞
  • 2007 - 第2回日本教育社会学会奨励賞(著書の部)
  • 2007 - 第6回日本社会学会奨励賞(著書の部)
  • 2007 - 第28回発展途上国研究奨励賞
所属学会 (4件):
数理社会学会 ,  現代韓国朝鮮学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る