研究者
J-GLOBAL ID:200901091445468367   更新日: 2020年09月01日

時崎 久夫

トキザキ ヒサオ | Tokizaki Hisao
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://toki.nagomix.net/
研究分野 (2件): 英語学 ,  言語学
研究キーワード (4件): 言語学 ,  英語学 ,  Linguistics ,  English Linguistics
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2015 - 2019 形態統語構造の音韻的外在化:普遍性と差異
  • 2015 - 2018 強勢と語順の変化に関する理論的・実証的研究
  • 2012 - 2016 非対称写像に基づく音韻と統語の相関研究
  • 2006 - 2009 音声データによる統語論と音韻論のインターフェイス研究
  • 1993 - 1994 ロンドン-ルンド・コーパスによる遂行的音調の研究
全件表示
論文 (64件):
  • 時崎 久夫. Review of Phonological Typology by Matthew K. Gordon. Studies in English Literature, English. 2019. 60. 91-97
  • 時崎 久夫. Word-Stress Location and the Order of Subject and Verb: Preliminary Data Analysis. Phonological Externalization. 2019. 4. 105-114
  • 時崎 久夫. Word stress, pitch accent, and word order typology with special reference to Altaic. The study of word stress and accent: Theories, methods and data. 2019. 187-223
  • 稲葉 治朗, 時崎, 久夫. Head Parameters and Word Stress in German,. Phonological Externalization. 2018. 3. 85-101
  • 時崎 久夫. Obligatory Contour Principle and Minimalist Syntax. Phonological Externalization. 2018. 3. 73-83
もっと見る
MISC (8件):
  • TOKIZAKI Hisao, Yasutomo Kuwana. Unattested Word Orders and Left-Branching Structure. Principles of Linearization. 2012
  • 時崎 久夫, 桑名 保智. Non-existent word orders and left-branching structure. GLOW Newsletter. 2008. 60. 145-146
  • Review of. Studies in English Literature, English Number. 2004
  • TOKIZAKI Hisao. Eel sentences in Japanese and English. A New Century of Phonology and Phonological Theory: A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday. 2003. 571-581
  • "Eel sentences in Japanese and English" A New Century of Phonology and Phonological Theory:A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday. ed. by Takeru Honma, Masao Okazaki, Toshiyuki Tab・・・. Kaitakusya. 2003. 571-581
もっと見る
書籍 (12件):
  • 現代音韻論の動向:日本音韻論学会20周年記念論文集
    開拓社 2016
  • 最新英語学・言語学用語辞典
    開拓社 2015
  • “A Stress-Based Theory of Disharmonic Word Orders” in Theoretical approaches to disharmonic word orders, ed. by Theresa Biberauer and Michelle Sheehan
    Oxford University Press in Oxford 2013
  • “Unattested Word Orders and Left-Branching Structure” in Challenges to Linearization, ed. by Theresa Biberauer and Ian Roberts
    2013
  • “Limited Consonant Clusters in OV languages” in Consonant clusters and structural complexity(Interface Explorations [IE] 26), ed. by Philip Hoole, Lasse Bombien, Marianne Pouplier, Christine Mooshammer and Barbara Kühnert
    Mouton de Gruyter in Berlin 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (81件):
  • 統語構造から音韻への写像は複雑か
    (形態統語構造の音韻的外在化:普遍性と差異 第9回ワークショップ 2019)
  • Order of subject and verb and word-stress location
    (13th Conference of the Association for Linguistic Typology 2019)
  • 主要部末尾言語の音韻論:語順と語強勢の相関
    (東京音韻論研究会 2019)
  • Head parameter and the prosody in Chinese
    (Parameters Workshop in honour of Lisa Travis 2019)
  • 頭韻と全体的類型論
    (隣接諸科学乗り入れ型の手法による音韻理論の外的・内的検証の研究 研究成果発表会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1988 北海道大学 英米文学
  • - 1988 北海道大学
  • - 1983 北海道大学 文学科
  • - 1983 北海道大学
学位 (2件):
  • 文学修士
  • 博士 (筑波大学)
経歴 (3件):
  • 2014/04 - 現在 札幌大学 地域共創学群 教授
  • 1991/04 - 現在 札幌大学 外国語学部 英語学科 教授
  • 1988/10 - 1991/03 北海道大学 助手
委員歴 (10件):
  • 2019/04 - 現在 日本音韻論学会 副会長
  • 2017/10 - 現在 日本英語学会 編集委員
  • 2017/06 - 2019/03 日本音韻論学会 理事
  • 2010 - 2013 日本英語学会 編集委員
  • 2006 - 2008 日本英文学会 編集委員
全件表示
所属学会 (6件):
日本言語学会 ,  英語語法文法学会 ,  日本英文学会 ,  アメリカ言語学会 ,  日本音韻論学会 ,  日本英語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る