研究者
J-GLOBAL ID:200901091991632712   更新日: 2020年07月01日

松下 拓

マツシタ タク | MATSUSHITA Taku
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/risk/http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/risk/
研究分野 (1件): 土木環境システム
研究キーワード (1件): 浄水処理, 毒性評価, ウイルス除去, 真空紫外線, カルキ臭
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2021 培養に頼らないウイルスの浄水処理性評価手法と高効率浄水ウイルス処理システムの構築
  • 2019 - 2020 「見える」ファウリング物質を用いた膜ファウリングメカニズムの根本的解明
  • 2018 - 2019 代謝を考慮したコリンエステラーゼ活性阻害試験の構築とそれを用いた有機リン系農薬由来分解物の毒性評価
  • 2017 - 2018 DNAを封入したウイルス外套蛋白粒子を用いた培養困難なウイルスの浄水処理性評価
  • 2017 - 2018 有機リン系農薬の塩素処理工程における毒性の変動と毒性に寄与する分解生成物の同定
全件表示
論文 (28件):
もっと見る
MISC (46件):
  • N. Shirasaki, T. Matsushita, Y. Matsui, T. Marubayashi, K. Murai. Erratum: Corrigendum to “Investigation of enteric adenovirus and poliovirus removal by coagulation processes and suitability of bacteriophages MS2 and φX174 as surrogates for those viruses” (Science of the Total Environment (2016) 563-564 (29-39)(S0048969. Science of the Total Environment. 2017. 576. 472
  • N. Shirasaki, T. Matsushita, Y. Matsui, A. Oshiba, T. Marubayashi, S. Sato. Improved virus removal by high-basicity polyaluminum coagulants compared to commercially available aluminum-based coagulants. Water Research. 2014. 48. 375-386
  • N. Shirasaki, T. Matsushita, Y. Matsui, T. Urasaki, M. Kimura, K. Ohno. Virus removal by an in-line coagulation-ceramic microfiltration process with high-basicity polyaluminum coagulation pretreatment. Water Science and Technology: Water Supply. 2014. 14. 429-437
  • Yoshihiko Matsui, Tairyo B. Ishikawa, Masaoki Kimura, Kaori Machida, Nobutaka Shirasaki, Taku Matsushita. Aluminum concentrations of sand filter and polymeric membrane filtrates: A comparative study. Separation and Purification Technology. 2013. 119. 58-65
  • N. Shirasaki, T. Matsushita, Y. Matsui, T. Urasaki, K. Ohno. Difference in behaviors of F-specific DNA and RNA bacteriophages during coagulation-rapid sand filtration and coagulation-microfiltration processes. Water Science and Technology: Water Supply. 2012. 12. 666-673
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1996 京都大学 大学院工学研究科 衛生工学専攻(博士課程)
  • 1992 - 1994 京都大学 大学院工学研究科 衛生工学専攻(修士課程)
  • 1988 - 1992 京都大学 工学部 衛生工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2010/04 - 現在 北海道大学大学院工学研究院環境創生工学部門(組織名変更) 准教授
  • 2007/04 - 2010/03 北海道大学大学院工学研究科環境創生工学専攻 准教授(職名変更)
  • 2006/01 - 2007/03 北海道大学大学院工学研究科環境創生工学専攻 助教授
  • 2002/04 - 2005/12 岐阜大学工学部社会基盤工学科(組織名変更) 助手
  • 1999/04 - 2002/03 岐阜大学工学部土木工学科 助手
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2015 - 現在 日本水環境学会 運営幹事
  • 2015 - 現在 土木学会 環境工学委員会委員
  • 2006 - 2009 土木学会 環境工学委員会委員兼幹事
  • 2005 - 2009 日本環境工学教授協会 北海道支部幹事
  • 2007 - 2008 土木学会 地球温暖化対策特別委員会適応策小委員会委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2019 - 日本水環境学会 論文賞
  • 2017 - 環境科学会 論文賞
  • 2013 - 土木学会環境工学委員会 第49回環境工学研究フォーラム論文賞
  • 2013 - クリタ水・環境科学振興財団 クリタ 水・環境科学研究優秀賞
  • 2008 - 土木学会環境工学委員会 第45回環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本水環境学会バイオアッセイによる安全性評価研究委員会 ,  日本環境工学教授協会 ,  土木学会 ,  バイオアッセイ研究会 ,  日本水環境学会 ,  International Water Association (IWA)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る