研究者
J-GLOBAL ID:200901093370051913   更新日: 2024年02月09日

清水 研一

シミズ ケンイチ | Shimizu Ken-ichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.cat.hokudai.ac.jp/shimizu/
研究分野 (3件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  エネルギー化学 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (38件): 反応機構 ,  クラスター ,  グリーンケミストリ ,  固体酸触媒 ,  X線吸収スペクトル ,  有機合成 ,  複合化触媒 ,  触媒設計 ,  ディーゼル排ガス ,  NO選択還元反応 ,  メソポーラスシリカ ,  固体触媒 ,  低温燃焼 ,  触媒構造解析 ,  貴金属 ,  酸化物触媒 ,  銀ナノクラスター ,  触媒劣化 ,  ディーゼル自動車排ガス ,  尿素脱硝法 ,  環境触媒 ,  ディーゼル自動車 ,  アルミネート ,  in-situ赤外分光法 ,  白金代替触媒 ,  アミン ,  自動車排ガス浄化 ,  有機分子触媒 ,  赤外分光 ,  スルホン酸 ,  自動車触媒 ,  グリーンケミストリー ,  銀触媒 ,  金属ナノクラスター ,  Automotive catalyst ,  Green organic synthesis ,  Silver catalyst ,  Metal cluster
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2022 - 2026 ヒドロキシ基含有鋳型によるゼオライトナノシートの新規合成と触媒開発
  • 2021 - 2026 オペランド分光による活性種の動的挙動解析を基盤とする非定常・連続触媒反応の開拓
  • 2022 - 2024 外挿的探索が可能な機械学習手法を用いた多元素触媒の開発
  • 2021 - 2024 バルク・ナノ金属の高分散化現象の機構解明と単原子触媒の設計開発への展開
  • 2020 - 2023 二酸化炭素水素化による低温メタノール合成に有効な高機能触媒系の開発
全件表示
論文 (305件):
  • Satoshi Kamiguchi, Kiyotaka Asakura, Tamaki Shibayama, Tomoko Yokaichiya, Tatsushi Ikeda, Akira Nakayama, Ken-ichi Shimizu, Zhaomin Hou. Catalytic ammonia synthesis on HY-zeolite-supported angstrom-size molybdenum cluster. Chemical Science. 2024
  • Lingcong Li, Shinta Miyazaki, Ziyang Wu, Takashi Toyao, Roman Selyanchyn, Zen Maeno, Shigenori Fujikawa, Ken ichi Shimizu. Continuous direct air capture and methanation using combined system of membrane-based CO2 capture and Ni-Ca based dual functional materials. Applied Catalysis B: Environmental. 2023. 339
  • Can Liu, Bang Lu, Hiroko Ariga-Miwa, Shohei Ogura, Takahiro Ozawa, Katsuyuki Fukutani, Min Gao, Jun-ya Hasegawa, Ken-ichi Shimizu, Kiyotaka Asakura, et al. Dynamic Behavior of Intermediate Adsorbates to Control Activity and Product Selectivity in Heterogeneous Catalysis: Methanol Decomposition on Pt/TiO2(110). JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2023. 145. 36. 19953-19960
  • Hiroe Kubota, Yuan Jing, Li Wan, Jiahuan Tong, Ningqiang Zhang, Shinya Mine, Takashi Toyao, Ryo Toyoshima, Hiroshi Kondoh, Davide Ferri, et al. Operando Spectroscopic Study of Reduction and Oxidation Half-Cycles in NH3-SCR over CeO2-Supported WO3. ACS Catalysis. 2023
  • Yusuke Inomata, Hiroe Kubota, Yoshinori Honmatsu, Hiroaki Takamitsu, Sosuke Sakotami, Kazuhiro Yoshida, Takashi Toyao, Ken-ichi Shimizu, Toru Murayama. Sodium ion intercalation in vanadium oxide promotes low-temperature NH3-SCR activity: Sodium vanadium bronzes (Na0.33V2O5) for NOx removal. APPLIED CATALYSIS B-ENVIRONMENTAL. 2023. 328
もっと見る
MISC (51件):
  • 峯真也, 陳鐸天, 王剛, 鳥屋尾隆, 瀧川一学, 瀧川一学, 松下康一, 清水研一. 機械学習により見出された逆水性ガスシフト反応に有効な多元素触媒の作用機構研究. 触媒討論会討論会A予稿集(CD-ROM). 2022. 130th
  • 蒲池高志, 蒲池高志, 濱本信次, 巽俊暢, 高尾基史, 鳥屋尾隆, 鳥屋尾隆, 日沼洋陽, 前野禅, 高草木達, et al. TiO2表面上の分子吸着に関するフロンティア軌道理論. 日本化学会春季年会講演予稿集(Web). 2022. 102nd
  • 峯真也, 陳鐸天, 王剛, 鳥屋尾隆, 鳥屋尾隆, 前野禅, 瀧川一学, 瀧川一学, 松下康一, 真崎仁詩, et al. 機械学習を利用した逆水性ガスシフト反応に有効な多元素触媒の開発. 触媒討論会講演予稿集(CD-ROM). 2022. 129th
  • Shinya Mine, Takashi Toyao, Yoyo Hinuma, Ken Ichi Shimizu. Understanding and controlling the formation of surface anion vacancies for catalytic applications. Catalysis Science and Technology. 2022
  • 前野禅, 安村駿作, 鳥屋尾隆, 鳥屋尾隆, 清水研一, 清水研一. インジウム交換ゼオライト触媒による選択的エタン脱水素反応. 触媒討論会討論会A予稿集(CD-ROM). 2021. 128th
もっと見る
特許 (7件):
書籍 (2件):
  • データ駆動型材料開発 : オントロジーとマイニング、計測と実験装置の自動制御
    エヌ・ティー・エス 2021 ISBN:9784860437596
  • 「環境触媒ハンドブック」, 岩本正和監修, 酸化物マトリックスを利用したNO選択還元触媒の設計
    エヌ・ティー・エス 2001
講演・口頭発表等 (127件):
  • 計算材料設計最前線2021 理論計算とセラミックス触媒担体設計-多様な表面の特性計算-
    (セラミックス 2021)
  • 理論化学・データ科学を利用した固体触媒の研究・開発を目指して
    (日本物理学会講演概要集(CD-ROM) 2021)
  • CHAゼオライト内Inヒドリドの局所構造解析とエタン脱水素触媒作用
    (日本化学会春季年会講演予稿集(Web) 2021)
  • O<sub>2</sub>共存下におけるCO<sub>2</sub>吸蔵・還元的有効利用反応に有用な二元機能触媒の開発
    (触媒討論会講演予稿集(CD-ROM) 2021)
  • CHAゼオライト内Pdカチオンの局所構造とNO吸着脱離特性
    (触媒討論会講演予稿集(CD-ROM) 2021)
もっと見る
Works (8件):
  • 低温燃焼用銀ナノクラスター触媒の開発と機構解明
    2009 - 2009
  • 修飾ポリ酸触媒による高効率セルロース糖化反応
    2008 - 2008
  • イオン交換ヘテロポリ酸による高効率固体ルイス酸触媒の開発
    2007 - 2007
  • 尿素脱硝用銀クラスター触媒の開発と作用機構解析
    2007 -
  • ディーゼル脱硝用金属酸化物触媒の分子設計
    2000 - 2002
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2000 名古屋大学大学院工学研究科 応用化学専攻
  • - 2000 名古屋大学
  • - 1994 名古屋大学 工学部 応用化学科
  • - 1994 名古屋大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (6件):
  • 2015/10 - 現在 北海道大学 触媒科学研究所 教授
  • 2015/04 - 2015/09 北海道大学 触媒化学研究センター 教授
  • 2010/10 - 2015/03 北海道大学 触媒化学研究センター 准教授
  • 2004/04 - 2010/09 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻 助教
  • 2000 - 2004 新潟大学 大学院自然科学研究科
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2009/04 - 2011/03 石油学会 論文誌編集委員
  • 2005/04 - 2011/03 触媒学会 討論会委員
  • 2002/04 - 2005/03 触媒学会 学会誌編集委員
受賞 (7件):
  • 2015/03 - 北海道大学 研究総長賞 奨励賞
  • 2014/03 - 北海道大学 研究総長賞
  • 2010/05 - 東海化学工業会 第45回東海化学工業会賞(学術賞)
  • 2010/03 - 触媒学会 奨励賞
  • 2007/05 - 石油学会 奨励賞
全件表示
所属学会 (3件):
日本化学会 ,  石油学会 ,  触媒学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る