研究者
J-GLOBAL ID:200901094812303689   更新日: 2021年11月16日

藤原 敏道

フジワラ トシミチ | Fujiwara Toshimichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 生物物理学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (7件): Solid-state NMR ,  NMR ,  Protein ,  Biophysics ,  蛋白質 ,  核磁気共鳴 ,  生物物理学
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2021 - 2024 細胞系の超偏極NMRによる膜蛋白質マルチスケール構造解析
  • 2014 - 2018 In situ 蛋白質 NMR 構造解析技術
  • 2014 - 2018 原子分解能で細胞を解析する部位選択高感度固体核磁気共鳴法
  • 2014 - 2016 高分子量蛋白質複合体の NMR 構造解析法の開発
  • 2012 - 2014 高分子量蛋白質の新規NMR構造解析法の開発とフロリゲン受容体への応用
全件表示
論文 (196件):
  • Gert-Jan Bekker, Masashi Yokochi, Hirofumi Suzuki, Yasuyo Ikegawa, Takeshi Iwata, Takahiro Kudo, Kei Yura, Toshimichi Fujiwara, Takeshi Kawabata, Genji Kurisu. Protein Data Bank Japan: Celebrating our 20th anniversary during a global pandemic as the Asian hub of 3D macromolecular structural data. Protein science : a publication of the Protein Society. 2021
  • Kyoko Furuita, Marina Hiraoka, Kentaro Hanada, Toshimichi Fujiwara, Chojiro Kojima. Sequence requirements of the FFAT-like motif for specific binding to VAP-A are revealed by NMR. FEBS letters. 2021. 595. 17. 2248-2256
  • Shintaro Minami, Naohiro Kobayashi, Toshihiko Sugiki, Toshio Nagashima, Toshimichi Fujiwara, Rie Koga, George Chikenji, Nobuyasu Koga. Exploration of novel αβ-protein folds through de novo design. 2021
  • Isao Suetake, Shigeaki Nakazawa, Kazunobu Sato, Risa Mutoh, Yuichi Mishima, Toru Kawakami, Toshiki Takei, Mikio Watanabe, Norio Sakai, Toshimichi Fujiwara, et al. Structural dynamics of the chromo-shadow domain and chromodomain of HP1 bound to histone H3K9 methylated peptide, as measured by site-directed spin-labeling EPR spectroscopy. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2021. 567. 42-48
  • Daishiro Kobayashi, Yutaka Kohmura, Toshihiko Sugiki, Eisuke Kuraoka, Masaya Denda, Toshimichi Fujiwara, Akira Otaka. Peptide Cyclization Mediated by Metal-Free S-Arylation: S-Protected Cysteine Sulfoxide as an Umpolung of Cysteine Nucleophile. Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany). 2021. 27. 56. 14092-14099
もっと見る
MISC (407件):
  • 藤原敏道. 高磁場DNP-NMR実験のためのサブミリ波CWジャイロトロンの安定運用. 遠赤外領域開発研究. 2021. 22
  • 池之上達哉, 宗正智, 藤原敏道, 菅裕明. 人工ペプチドによるタンパク質の液-液相分離誘導. 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集. 2021. 21st
  • 児玉高志, 赤木謙一, 赤木謙一, 高井朋代, 山口りつ子, 物部容子, 児嶋長次郎, 児嶋長次郎, 藤原敏道. アミロイドβ凝集体形成初期過程の分子機構. 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集. 2021. 21st
  • 古板恭子, 平岡万里菜, 花田賢太郎, 藤原敏道, 児嶋長次郎, 児嶋長次郎. 溶液NMRによる膜コンタクトサイトの形成と機能に関与するVAP-A:FFAT-likeモチーフ相互作用の研究. 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集. 2021. 21st
  • 猪俣光稀, 古板恭子, 杉木俊彦, 高尾敏文, 小林直宏, 藤原敏道, 児嶋長次郎, 児嶋長次郎. 溶液NMR法による抗酸化酵素GPx4の構造解析. 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集. 2021. 21st
もっと見る
特許 (14件):
書籍 (16件):
  • 13C-13C Distance Measurements by Polarization Transfer Matrix Analysis of 13C Spin Diffusion in Uniformly 13C-labeled Molecular Complex under Magic-angle Spinning
    Royal Society of Chemistry 2014
  • 13C-13C Distance Measurements by Polarization Transfer Matrix Analysis of 13C Spin Diffusion in Uniformly 13C-labeled Molecular Complex under Magic-angle Spinning
    Royal Society of Chemistry 2014
  • タンパク質の同位体ラベルとNMR分光法
    化学同人 2009
  • Isotope labeling and NMR spectroscopy of proteins
    Kagaku Doujin 2009
  • タンパク質の同位体ラベルとNMR分光法
    化学同人 2009
もっと見る
Works (24件):
  • 固体NMR膜蛋白質複合体構造解析技術
    2009 -
  • 蛋白質解析用超高感度テラヘルツ波NMR装置
    2009 -
  • H+-ATP合成酵素膜内在Foの機能構造と不正規構造の固体NMRによる解明
    2009 -
  • 生体系NMRデータベースBMRBの構築と高度化、蛋白質構造データバンクの国際的な構築と高度化
    2009 -
  • 固体NMRによる7回膜貫通蛋白質複合体の構造解析
    2009 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1980 - 1985 大阪大学 無機及び物理化学専攻
  • 1976 - 1980 大阪大学 化学
学位 (2件):
  • 理学博士 (大阪大学)
  • Doctor of Science (Osaka University)
経歴 (9件):
  • 2008 - 現在 - Professor, Institute for Protein Research, Osaka University
  • 2008 - 現在 - 大阪大学 蛋白質研究所 教授
  • 2007 - 2008 Associate Professor, Institute for Protein Research, Osaka Univ.
  • 2007 - 2008 大阪大学 蛋白質研究所 准教授
  • 2000 - 2007 Institute for protein research, Osaka university, Associate professor
全件表示
受賞 (1件):
  • 2019/11 - 電子スピンサイエンス学会 学会賞 高磁場低温での電子スピン分極を利用した高感度マジック角回転固体NMR法の開発
所属学会 (9件):
The Society of Electron Spin Science and Technology ,  International Society of Magnetic Resonance ,  The Chemical Society of Japan ,  電子スピンサイエンス学会 ,  International Society of Magnetic Resonance ,  日本核磁気共鳴学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本化学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る