研究者
J-GLOBAL ID:200901094812303689   更新日: 2020年06月09日

藤原 敏道

フジワラ トシミチ | Fujiwara Toshimichi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 生物物理学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (3件): 蛋白質 ,  核磁気共鳴 ,  生物物理学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2000 - 固体核磁気共鳴法による蛋白質構造解析
  • 2000 - 固体核磁気共鳴法による蛋白質構造解析
  • 創薬等ライフサイエンス研究のための相関構造解析プラット フォームによる支援と高度化
  • 生体系固体核磁気共鳴
  • 分子構造決定のための固体NMR法の開発
全件表示
論文 (104件):
  • Taiji Kanda, Mayuka Kitawaki, Toshiaki Arata, Yoh Matsuki, Toshimichi Fujiwara. Structural analysis of cross-linked poly(vinyl alcohol) using high-field DNP-NMR. RSC Advances. 2020. 10. 8039
  • Y. Matsuki, T. Fujiwara. High-Field DNP Using Closed-Cycle Helium MAS System. JEOL News. 2019
  • 藤原 敏道. Absolute 1H Polarization Measurement with a Spin-Correlated Component of Magnetization by Hyperpolarized MAS-DNP Solid-State NMR. Solid State Nuclear Magnetic Resonance. 2019. 99. 20-26
  • 松木 陽, 藤原敏道. 循環型極低温ヘリウムMASを用いる高磁場DNPーNMR. 日本電子News. 2019. 51. 1. 16-21
  • Kobayashi N, Hattori Y, Nagata T, Shinya S, Güntert P, Kojima C, Fujiwara T. Noise peak filtering in multi-dimensional NMR spectra using convolutional neural networks. Bioinformatics (Oxford, England). 2018. 34. 24. 4300-4301
もっと見る
MISC (118件):
  • 古板恭子, 服部良一, 池上貴久, 服部良一, 池上貴久, 藤原敏道, 児嶋長次郎, 児嶋長次郎. 長いT1を持つ分子の高感度溶液NMR測定法の開発. Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan. 2018. 57th. 104-105
  • 小林直宏, 杉木俊彦, 永田崇, 古賀信康, Peter Güntert, 児嶋長次郎, 藤原敏道. Deep-MagRO: 深層学習を応用した高速かつ高精度な統合的NMR解析システム. 第57回NMR討論会 札幌コンベンションセンター(札幌市), 2018.9.18-20. 2018
  • Kobayashi N, Sugiki T, Hattori Y, Nagata T, Shinya S, Wurz JM, Koga R, Koga N, Guntert P, Kojima C, Fujiwara T. Application of Deep Neural Networks for Highly Accurate NMR Structure Analysis by Deep-MagRO. XXVIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, Univ Col Dublin (Ireland), 2018.8.19-24. 2018
  • 小林直宏, 永田崇, 服部良一, 新家粧子, Julia M. Wurz, Peter Guntert, 児嶋長次郎, 藤原敏道. 深層学習により強化されたNMR立体構造解析. 第56回NMR討論会 首都大学東京(八王子市), 2017.11.14-16. 2017
  • 原田健一, 山口公志, 山下栄樹, 新家粧子, 藤原敏道, 中川敦史, 川崎努, 児嶋長次郎, 児嶋長次郎. イネの細胞膜受容体OsCERK1の細胞内ドメインの結晶構造およびその活性化機構. 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集. 2017. 17th. 88
もっと見る
書籍 (13件):
  • 13C-13C Distance Measurements by Polarization Transfer Matrix Analysis of 13C Spin Diffusion in Uniformly 13C-labeled Molecular Complex under Magic-angle Spinning
    Royal Society of Chemistry 2014
  • 13C-13C Distance Measurements by Polarization Transfer Matrix Analysis of 13C Spin Diffusion in Uniformly 13C-labeled Molecular Complex under Magic-angle Spinning
    Royal Society of Chemistry 2014
  • タンパク質の同位体ラベルとNMR分光法
    化学同人 2009
  • タンパク質の同位体ラベルとNMR分光法
    化学同人 2009
  • Structural analysis of membrane systems by solid-state NMR. in Chemistry, Physics, and Biology in Macromolecular Science
    Osaka University Press 2008
もっと見る
Works (20件):
  • 固体NMR膜蛋白質複合体構造解析技術
    2009 -
  • 蛋白質解析用超高感度テラヘルツ波NMR装置
    2009 -
  • H+-ATP合成酵素膜内在Foの機能構造と不正規構造の固体NMRによる解明
    2009 -
  • 生体系NMRデータベースBMRBの構築と高度化、蛋白質構造データバンクの国際的な構築と高度化
    2009 -
  • 固体NMRによる7回膜貫通蛋白質複合体の構造解析
    2009 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1985 大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻
  • - 1985 大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学
  • - 1980 大阪大学 理学部 化学
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2007 - 2008 大阪大学 蛋白質研究所 准教授
  • 2008 - - 大阪大学 蛋白質研究所 教授
  • 2000 - 2007 大阪大学 蛋白質研究所 助教授
所属学会 (9件):
The Society of Electron Spin Science and Technology ,  International Society of Magnetic Resonance ,  The Chemical Society of Japan ,  電子スピンサイエンス学会 ,  International Society of Magnetic Resonance ,  日本核磁気共鳴学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本化学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る