研究者
J-GLOBAL ID:200901096334994720   更新日: 2020年11月11日

遠藤 央

エンドウ ミツル | Mitsuru Endo
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
ホームページURL (2件): https://www.yaskawa-tokyotech.orghttps://www.yaskawa-tokyotech.org
研究分野 (4件): 機械力学、メカトロニクス ,  ロボティクス、知能機械システム ,  機械力学、メカトロニクス ,  知覚情報処理
研究キーワード (4件): 軽量アクチュエータ ,  協働ロボット ,  複数ロボットの協調 ,  ロハスモビリティ
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2017 - 2019 ワイヤのたるみモデルを用いた懸垂型パラレルワイヤ機構の動的制御手法の開発
  • 2015 - 2017 減災のための人間およびその集団の動作を精密に考慮できる避難シミュレーション法の確立
  • 2015 - 2016 人力ロボティクスの社会統合技術開発補助事業
  • 2015 - 2015 高圧水噴流を用いた除染システムのための除染面倣い制御技術の研究
  • 2014 - 2015 大規模太陽光発電施設群の持続的な安定運用を可能とする遠隔状態観測とそのシステム化に関する研究開発事業
全件表示
論文 (37件):
MISC (2件):
特許 (9件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (193件):
  • 力学系学習木を用いたノンホロノミック車両のための人ー機械協調学習操作系の開発
    (第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 2019)
  • 力学的平衡状態に着目したパラレルワイヤマニピュレーション
    (第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 2019)
  • ドローン操縦教習補助システム D-TAS
    (第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 2019)
  • ドローン教習補助システムD-TAS 第1報:コンセプトと設計
    (第37回日本ロボット学会学術講演会 2019)
  • 人力ロボティクスの研究(第11報,改正クラッチと定荷重ばねを用いた2自由度人力ロボット)
    (第37回日本ロボット学会学術講演会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2009 東北大学 バイオロボティクス専攻
  • - 2006 東北大学 バイオロボティクス専攻
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東北大学)
  • Doctor of Engineering (Tohoku University)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 東京工業大学 工学院 特任准教授
  • 2018/04 - 2020/03 日本大学 工学部機械工学科 専任講師
  • 2010/04/01 - 2018/03/31 日本大学 工学部機械工学科 助教
  • 2009/04/01 - 2010/03/31 日本大学 工学部機械工学科 助手
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 東北大学 工学研究科バイオロボティクス専攻 リサーチアシスタント
委員歴 (22件):
  • 2019/09 - 2019/12 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI2019プログラム委員
  • 2019/08 - 2019/08 福島県ハイテクプラザ 研究計画検討会議委員
  • 2018/09 - 2018/12 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI2018プログラム委員
  • 2018/08 - 2018/08 福島県ハイテクプラザ 研究計画検討会議委員
  • 2016/04/01 - 2018/03/31 日本ロボット学会 学会誌編集委員会委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2013/03/12 - 日本機械学会生産システム部門優秀講演論文賞 再生可能エネルギ駆動型LOHAS環境エミュレータ エネルギ収支見える化システムの試作
  • 2012/04 - 日本機械学会奨励賞(研究) 複数移動ロボットを用いた車両搬送システム
  • 2004/03 - 日本機械学会畠山賞
所属学会 (5件):
ライフサポート学会 ,  計測自動制御学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本機械学会 ,  IEEE
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る