研究者
J-GLOBAL ID:200901096421311280   更新日: 2020年11月06日

冨田 雅典

トミタ マサノリ | TOMITA Masanori
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
ホームページURL (1件): http://criepi.denken.or.jp/
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  生物物理学 ,  放射線影響
研究キーワード (9件): マイクロビーム ,  細胞間シグナル伝達 ,  細胞死 ,  細胞競合 ,  幹細胞 ,  低線量・低線量率放射線 ,  DNA2本鎖切断 ,  DNA修復 ,  DNA損傷
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 mTert幹細胞に特異的な遺伝子の解析による幹細胞休止性と放射線抵抗性の理解
  • 2012 - 2017 低線量率放射線照射下の生体応答における非相同末端結合の役割の解明
  • 2009 - 2011 X線マイクロビームを用いたクラスターDNA損傷による生物効果の解明
  • 2006 - 2006 放射光マイクロビーム細胞照射装置を用いたDNA損傷修復機構の可視化解析
  • 2004 - 2006 重粒子線によるDNA2本鎖切断に対する修復タンパク質の応答機構
全件表示
論文 (31件):
  • Kouki Uchinomiya, Kazuo Yoshida, Masahiro Kondo, Masanori Tomita, Toshiyasu Iwasaki. A Mathematical Model for Stem Cell Competition to Maintain a Cell Pool Injured by Radiation. Radiation Research. 2020. 194. 4. 379-389
  • 日本保健物理学会 日本放射線影響学会 低線量リスク委員会. 低線量リスクに関するコンセンサスと課題. 放射線生物研究. 2020. 55. 2. 85-172
  • Yuki Fujimichi, Kensuke Otsuka, Masanori Tomita, Toshiyasu Iwasaki. An Efficient Intestinal Organoid System of Direct Sorting to Evaluate Stem Cell Competition in Vitro. Scientific Reports. 2019. 9. 1. 20297
  • Kensuke Otsuka, Masanori Tomita. Concurrent live imaging of DNA double-strand break repair and cell-cycle progression by CRISPR/Cas9-mediated knock-in of a tricistronic vector. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 17309
  • Kensuke Otsuka, Keiji Suzuki, Yuki Fujimichi, Masanori Tomita, Toshiyasu Iwasaki. Cellular responses and gene expression profiles of colonic Lgr5+ stem cells after low-dose/low-dose-rate radiation exposure. Journal of Radiation Research. 2018. 59. suppl_2. ii18-ii22
もっと見る
MISC (1件):
特許 (1件):
書籍 (1件):
  • 放射線医科学の事典 : 放射線および紫外線・電磁波・超音波
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254301175
講演・口頭発表等 (33件):
  • 複合放射線被ばくの順番は細胞の放射線感受性を修飾する
    (日本放射線影響学会第63回大会 2020)
  • 発がんリスクと複製エラーと放射線等の外部要因による突然変異の蓄積に関する数理モデル
    (日本放射線影響学会第63回大会 2020)
  • 腸管オルガノイドをもちいた放射線誘発幹細胞競合の評価
    (日本放射線影響学会第63回大会 2020)
  • 変異の蓄積で生じるがんに対する外的要因の影響についての数理モデル
    (2020年度日本数理生物学会年会 2020)
  • 低線量域においてATMが細胞核-細胞質間情報伝達に果たす役割
    (日本放射線影響学会大会講演要旨集 2018)
もっと見る
Works (2件):
  • 放射光共同利用実験
    2003 - 2004
  • 重粒子線がん治療装置等共同利用研究
    2003 - 2004
学歴 (3件):
  • 1998 - 2002 東京大学 生体物理医学専攻
  • 1996 - 1998 立教大学大学院 生命理学専攻
  • 1992 - 1996 立教大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学大学院)
経歴 (3件):
  • 2015/07 - 現在 一般財団法人電力中央研究所 原子力技術研究所 放射線安全研究センター 上席研究員
  • 2008/04 - 2015/06 一般財団法人電力中央研究所 原子力技術研究所 放射線安全研究センター 主任研究員
  • 2005/04 - 2008/03 一般財団法人電力中央研究所 原子力技術研究所 放射線安全研究センター 特別契約研究員
委員歴 (1件):
  • 2020/06 - 現在 日本放射線影響学会 理事
受賞 (5件):
  • 2015/11 - 電力中央研究所 原子力技術研究所 所長表彰 放射線誘発バイスタンダー応答のリスクとの関連性の検証
  • 2014/03 - 放射線影響協会 平成25年度放射線影響研究奨励賞 X線マイクロビームを用いた放射線誘発バイスタンダー応答の機構解明
  • 2011/11 - 日本放射線影響学会 JRR寺島論文賞
  • 2009/11 - 日本放射線影響学会 JRR寺島論文賞
  • 2008/11 - 日本放射線影響学会 奨励賞 種々の刺激に対するDNA2重鎖切断修復関連タンパク質の応答とその生物学
所属学会 (5件):
Radiation Research Society ,  日本保健物理学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本放射線影響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る