研究者
J-GLOBAL ID:200901099847183742   更新日: 2020年09月24日

有薗 幸司

アリゾノ コウジ | Arizono Koji
所属機関・部署:
職名: 特任教授
研究分野 (8件): ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (6件): PCR ,  リスクコミュニケーション ,  農薬分析 ,  食品リスク ,  生体影響評価 ,  nanomaterials pesticide
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2020 • AOP研究基盤の高度化を目指した魚類を用いた化学物質の影響評価
  • 2013 - 2017 エクインエストロゲンの生態影響評価
  • 2010 - 2013 中国癌村発生要因としての遺伝毒性物質
  • 2009 - ナノマテリアルの生態影響評価
  • 2003 - 2006 遺伝子プロファイリングを用いた土壌汚染評価系の確立に関する研究
全件表示
論文 (118件):
  • Hiroshi Ishibashi, Masaya Uchida, Yuki Temma, Masashi Hirano, Nobuaki Tominaga, Koji Arizono. Choriogenin transcription in medaka embryos and larvae as an alternative model for screening estrogenic endocrine-disrupting chemicals. Ecotoxicology and Environmental Safety. 2020. 193
  • Shuji Ohno, Yoshinori Ikenaka, Kanoko Onaru, Shizuka Kubo, Nanami Sakata, Tetsushi Hirano, Youhei Mantani, Toshifumi Yokoyama, Keisuke Takahashi, Keisuke Kato, et al. Quantitative elucidation of maternal-to-fetal transfer of neonicotinoid pesticide clothianidin and its metabolites in mice. Toxicology letters. 2020. 322. 32-38
  • Akemi Yamaguchi, Masaya Uchida, Hiroshi Ishibashi, Masashi Hirano, Nobuhiro Ichikawa, Koji Arizono, Jiro Koyama, Nobuaki Tominaga. Potential mechanisms underlying embryonic developmental toxicity caused by benzo[a]pyrene in Japanese medaka (Oryzias latipes). Chemosphere. 2020. 242
  • 石橋 弘志, 平野 将司, 内田 雅也, 久保田 彰, 石橋 康弘, 冨永 伸明, 有薗 幸司. エコトキシコロジー ヒメダカ胚に対するエクインエストロゲン類のin silico及びin vivoエストロゲン様作用. 環境ホルモン学会研究発表会要旨集. 2019. 22回. 32-32
  • Takahashi Keisuke, Tsurumi Tatsuya, Inami Moe, Li Zui, Kusakabe Taichi, Kikkawa Shoko, Azumaya Isao, Tominaga Nobuaki, Ikenaka Yoshinori, Arizono Koji, et al. Syntheses of 4-OH and 5-OH Imidacloprids. CHEMISTRYSELECT. 2019. 4. 24. 7343-7345
もっと見る
MISC (388件):
  • 石橋弘志, 内田雅也, 冨永伸明, 石橋康弘, 有薗幸司. 妊馬由来ホルモンの内分泌かく乱作用. Endocrine Disrupter News Letter. 2019. 22. 2. 6
  • 池中 良徳, 一瀬 貴大, Nimako Collins, 中山 翔太, 平野 哲史, 市川 剛, 加藤 恵介, 高橋 圭介, 長谷川 浩, 平 久美子, et al. ネオニコチノイド系殺虫剤と農薬の現状と今後の展望〜毒性学・農学・行政の視点から〜 ネオニコチノイド系殺虫剤の曝露実態の解明と毒性評価. The Journal of Toxicological Sciences. 2019. 44. Suppl. S53-S53
  • 池中 良徳, 平 久美子, 有薗 幸司, 星 信彦, 藤岡 一俊, 石塚 真由美, 一瀬 貴大, Collins NIMAKO, 中山 翔太, 平野 哲史, et al. ネオニコチノイド系殺虫剤の曝露実態の解明と毒性評価. 日本毒性学会学術年会. 2019. 46. 0. S7-2
  • 高本 亜希子, 石橋 弘志, 石塚 真由美, 有薗 幸司, 池中 良徳, 杉本 真夕, 岩野 まな美, 福島 聡, 一瀬 貴大, 中山 翔太, et al. ペットボトル緑茶飲料中のネオニコチノイド系農薬および代謝物の分析と安全性評価. 日本食品化学学会誌. 2019. 26. 1. 17-27
  • 石橋 弘志, 平野 将司, 内田 雅也, 大倉 美咲, 石橋 康弘, 冨永 伸明, 岩田 久人, 有薗 幸司. 内分泌かく乱化学物質の生態毒性評価 新たな試験法の切り口 内分泌かく乱物質 核内受容体相互作用のin silico解析. 環境ホルモン学会研究発表会要旨集. 2018. 21回. 39-39
もっと見る
書籍 (37件):
  • 生物応答を利用した排水管理法(WET)の現状と展望
    環境技術学会 2018
  • くまもと食育ガイドブック
    オーエムエス出版 2017
  • 免疫測定法 基礎から先端まで
    講談社サイエンティフィック 2014
  • 健康と環境の科学
    講談社サイエンティフィク 2014
  • 食品の安全
    南江堂 2013
もっと見る
Works (1件):
  • 環境中複合化学物質による次世代影響リスクの評価とリスク対応支援に関する研究
学歴 (2件):
  • - 1979 長崎大学大学院 薬学専攻
  • - 1977 第一薬科大学 製薬学科
学位 (1件):
  • 薬学博士 (九州大学)
経歴 (16件):
  • 1997 - 1999 長崎大学環境科学部 助教授
  • 1997 - 1999 Associate Professor, Faculty of Environmental
  • 1999 - - 熊本県立大学環境共生学部教授
  • 1999 - - Professor, Faculty of Environmental and
  • 1993 - 1997 長崎大学薬学部衛生化学教室 助教授
全件表示
受賞 (6件):
  • 2020/05 - 日本食品化学学会 第4回 島津製作所論文賞
  • 2016/10 - 栄養関係功労者厚生労働大臣表彰
  • 2015/11 - 栄養士管理栄養士養成施設教員顕彰
  • 2014/05 - 日本環境化学会学術賞
  • 2012/07 - 日本毒性学会ファイザー賞
全件表示
所属学会 (27件):
日本環境化学会 ,  日本環境毒性学会 ,  日本食品化学学会 ,  (社)日本水環境学会 ,  (社)日本食品衛生学会 ,  日本トキシコロジー学会 ,  日本衛生学会 ,  日本内分泌攪乱化学物質学会 ,  (社)日本薬学会 ,  Japan Society for Environmental Chemistry ,  Japan Association on the Environmental Studies ,  The Japanese Society For The Study of Xenobiotics ,  THE JAPANESE SOCIETY OF ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY ,  Japanese Society for Alternatives to Animal Experiments ,  Japanese Society of Food Chemistry ,  Japan Society on Water Environment ,  Japan Society of Waste Management Experts ,  Food Hygienic Society of Japan ,  Japan Society for Impact Assessment ,  Japan Society for Biomedical Research on Trace Elements ,  The Japanese Society of Toxicology ,  The Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics ,  Japanese Society for Hygiene ,  The Ecological Society of Japan ,  Japan Society of Endocrine Disrupters Research ,  The Pharmaceutical Society of Japan ,  The Japanese Biochemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る