{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902204544030732   整理番号:08A0703414

消火器の種類と特徴

著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号:ページ: 31-37  発行年: 2008年08月01日
JST資料番号: S0485A  ISSN: 0386-5460  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
消火器は消防法や火災予防条例により設置および維持が義務づけられている。しかし,建築物の用途は多種多様であり,消火器の使用を想定し適切な種類の消火器を選択し,その使用方法や危険性,廃棄時の注意事項などを把握しておく必要がある。本稿では,燃焼と消火の原理,消火器の適応火災,消火器の能力単位,消火器(薬剤)の種類,廃棄時の注意,不正点検業者,について解説する。消火器には,1)ABC粉末消火器,2)BC粉末消火器,3)強化液消火器,4)強化液(中性)消火器,5)機械泡消火器,6)化学泡消火器,7)炭酸ガス消火器,8)ハロゲン化物消火器,9)水(潤滑剤等入り)消火器,などがあり,それぞれの仕組みの概要と長短所を示す。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
電気・防災・防犯・昇降機設備,その他の建築設備  ,  火災 
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る