{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902296319455327   整理番号:09A0362718

テーブル間干渉を陽に考慮した位置指令生成

Command Shaping Approach Considering Interference between Table Systems
著者 (5件):
資料名:
巻: IIC-09  号: 90-111  ページ: 23-28  発行年: 2009年03月10日
JST資料番号: X0577A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
各種加工,組立用産業機器では,高集積化,高密度化,高付加価値化,さらには生産性の向上の観点から,複数軸のアクチュエータや搬送テーブルを協調/非協調させて動作させることが多い。生産効率を向上させるためには,加工軸の高加減速動作が必用となり,各アクチュエータ出力性能の向上やサーボ帯域の拡大が求められている。一方,各アクチュエータの駆動力の反作用である駆動反力は,複雑で柔軟な機械部分を励振して他軸に影響を与える干渉力となる場合も多い。より高い加工精度を求めてサーボ帯域を拡大するには,干渉の影響を排除してやる必要がある。本論文は,同一機台上に2台のテーブル装置を備えた供試機を対象に,LMI(線形行列不等式)を用いた位置指令生成により,複数軸の干渉問題の解析を行った。ここでは,自システムのノミナルモデルに加えて,他システムへの干渉モデルを考慮した拡大プラントを構成することで,干渉の影響を極力抑制した位置指令を実現した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
工作機械要素,ジグ,チャック  ,  CAD,CAM  ,  工作一般 
引用文献 (6件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る