機関
J-GLOBAL ID:200905008695121150   機関コード:C020000000 更新日: 2020年01月21日

日本中央競馬会競走馬総合研究所

ニホンチュウオウケイバカイキョウソウバソウゴウケンキュウショ, Equine Research Institute, Japan Racing Association
代表者: 所長 藤井良和
設立年: 1959
住所: 〒320-0856 栃木県宇都宮市砥上町321-4
電話番号: 028-647-0650
FAX番号: 028-647-0686
定員: 109
機構・研究部門名 (8件):
  • 運動科学研究室
  • 臨床医学研究室
  • 生命科学研究室
  • 施設研究室
  • 常磐支所
全件表示
附属施設名 (8件):
  • 馬調教用馬場 ・実験馬場 ・オープンフィールドテスト場
  • 手術室 ・解剖室
  • トレッドミル
  • テレメータ装置
  • パワードプラ型超音波画像診断装置
全件表示
沿革 (21件):
  • 1959/01
    「競走馬保健研究所」創立(庶務課、衛生課、研究課の3棟)。
  • 1963/01
    常磐支所設立。研究所分室(禁止薬物検査部門)設立。
  • 1964/01
    装締研究室設立。「獣医技術」(現「馬の科学」)創刊。
  • 1965/01
    研究所分室は財団法人「競走馬理化学研究所」として独立。
  • 1966/01
    研究課が運動生理課、臨床課、防疫課の3課となる。
もっと見る
事業概要:
競走馬総合研究所は、昭和34年にJRA(日本中央競馬会)の付属機関とし
て設立されました。当時は競走馬保健研究所の名称で、競走馬資源の確
保と円滑な競馬の施行を図ることを目的としていました。現在も上記目
的に加え、競走馬のスポーツサイエンス、遺伝資源ならびに防疫に係わる
馬の感染症の研究に主軸が置かれています。
わが国において、馬に関する研究が国立の研究機関や大学で行われるこ
とが少なくなった現在、当研究所は馬に関する唯一の研究機関として活
躍しています。昨今では、対象を競走馬に限ることなく、生産・育成に
係わる問題にまで広げ、幾多の研究成果を上げてきました。これらの成
果は国内外の学会、学術誌に発表されるとともに、トレーニング・セン
ター、競馬場で、さらには生産地で応用され、役立てられています。
予算額:
  • 2006年度: 195 (百万円)
  • 2004年度: 483 (百万円)
  • 2003年度: 550 (百万円)
  • 2001年度: 600 (百万円)
  • 2000年度: 1,000 (百万円)
  • 1997年度: 1,000 (百万円)

前のページに戻る