研究者
J-GLOBAL ID:201001041165457800   更新日: 2020年09月01日

黒嶋 智美

クロシマ サトミ | Kuroshima Satomi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=S58555058
研究分野 (3件): 社会学 ,  外国語教育 ,  言語学
研究キーワード (4件): エスノグラフィー ,  制度的会話分析 ,  国際共通語としての英語 ,  会話分析
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2019 - 2023 内部被曝検査通知における医療従事者と来院者の相互行為分析
  • 2018 - 2022 性同一性障害の診断を例にした精神医学的診察の会話分析
  • 2018 - 2022 Developing resources for teaching and assessing communication strategies in ELF-informed pedagogy: An empirical approach based on learners' communicative competence
  • 2018 - 2022 英語授業内活動における認識性交渉の会話分析とタスクデザインの提案
  • 2018 - 2021 若者の就労支援活動における相互行為の分析
全件表示
論文 (4件):
  • 黒嶋 智美. 第3章 ん?なあに?言い直しによる責任の形成. 高田 明・嶋田 容子・川島 理恵(編)『子育ての会話分析-おとなと子供の「責任」はどう育つか』昭和堂. 2016. 77-98
  • 黒嶋 智美. The structural organization of ordering and serving sushi. P. Szatrouwski (Ed.), Language and food: Verbal and nonverbal experiences, John Benjamins. Amsterdam. 2014. 54-75
  • 黒嶋 智美. 第8章 経験の固有性を認める共感. 『共感の技法-福島県における足湯ボランティアの会話分析』勁草書房. 2013. 127-139
  • 黒嶋 智美. 第10章 段階を経る共感. 『共感の技法-福島県における足湯ボランティアの会話分析』 勁草書房. 2013. 157-171
MISC (24件):
  • 齋藤巧, 佐藤佳, 大西正輝, 依田育士, 黒嶋智美, 川島理恵, 内田康太郎, 織田順, 三島史郎, 行岡哲男. 医療者動線と会話情報を融合した医療者成長モデルの提案. 電子情報通信学会技術研究報告. 2019. 118. 460(CNR2018 35-57)(Web). 71-76 (WEB ONLY)
  • 内田 康太郎, 黒嶋 智美, 川島 理恵, 依田 育士, 冷水 育, 織田 順. 医療の質を客観的に可視化する 3Dカメラを用いた解析. 医学教育. 2018. 49. Suppl. 99-99
  • 黒嶋 智美, 依田 育士, 川島 理恵, 内田 康太郎, 冷水 育, 織田 順. シミュレーション教育実践における学習達成の効果とその基盤 会話と動線の分析から. 医学教育. 2018. 49. Suppl. 176-176
  • 須永 将史, 黒嶋 智美, スナガ マサフミ, クロシマ サトミ, Masafumi Sunaga, Satomi Kuroshima. 内部被ばく検診結果報告におけるケア実践の相互行為分析. 社会学研究科年報. 2017. 24. 7-18
  • 佐々木 亮, 武田 宗和, 内田 康太郎, 上杉 泰隆, 鎌形 博展, 川島 理恵, 黒嶋 智美, 江川 香奈, 依田 育士, 太田 祥一. あの研究は今 災害医療救護訓練の科学的解析に基づく都市減災コミュニティの創造に関する研究開発. 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine. 2017. 41. 1. 107-112
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1996 - 2000 同志社女子大学 学芸学部 英語文学科
学位 (3件):
  • Ph.D. in Applied Linguisics (カリフォルニア大学ロサンゼルス校)
  • MA in TESL (イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)
  • 学士(英語) (同志社女子大学)
経歴 (2件):
  • 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員PD
  • 玉川大学 ELFセンター
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る