研究者
J-GLOBAL ID:201101001351412669   更新日: 2020年08月20日

相田 紗織

アイダ サオリ | Aida Saori
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://www.vip.csse.yamaguchi-u.ac.jp/index.htmlhttp://www.vip.csse.yamaguchi-u.ac.jp/en/index.html
研究分野 (3件): 知覚情報処理 ,  実験心理学 ,  認知科学
研究キーワード (5件): 数量認知 ,  バーチャルリアリティ ,  両眼視差 ,  両眼立体視 ,  視覚
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2021 3次元立体視空間における数量判断過程の心理物理・脳科学的解明
  • 2013 - 2015 3次元立体視空間における数の過大推定現象に関する心理物理学的研究
  • 2011 - 2012 広い視野を持つ両眼立体視の特性に関する心理物理学的研究
論文 (12件):
  • Saori Aida, Junpei Okugawa, Serena Fujisaka, Tomonari Kasai, Hiroyuki Kameda, Tomoyasu Sugiyama. Deep Learning of Cancer Stem Cell Morphology Using Conditional Generative Adversarial Networks. Biomolecules. 2020. 10. 6. 931-931
  • Saori Aida, Yusuke Matsuda, Koichi Shimono. Interaction of disparity size and depth structure on perceived numerosity in a three-dimensional space. PLOS ONE. 2020. 15. 4. e0230847
  • Saori Aida, Hiroyuki Kameda, Sakae Nishisako, Tomonari Kasai, Atsushi Sato, Tomoyasu Sugiyama. Conditional Generative Adversarial Networks to Model iPSC-Derived Cancer Stem Cells. Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics. 2020. 24. 1. 134-141
  • Trienani Hariyanti, Saori Aida, Hiroyuki Kameda. Samawa Language Part of Speech Tagging with Probabilistic Approach: Comparison of Unigram, HMM and TnT Model. Journal of Physics: Conference Series. 2019. 1235. 1. 1-6
  • Hiroyuki Kameda, Saori Aida, Sakae Nishisako, Tomonari Kasai, Atsushi Sato, Tomoyasu Sugiyama. Application of Conditional Generative Adversarial Nets to iPSC-Derived Cancer Stem Cell Modeling. ISCIIA & ITCA 2018. 2018
もっと見る
MISC (19件):
  • Albohassan Ibrahim, 相田 紗織, 亀田 弘之. A study on Machine Translation System Quality Assessment from Japanese to Arabic. 第13回21世紀科学と人間シンポジウム抄録集. 2020. 8. 09-01-09-08
  • 須永 範明, 板垣 文彦, 伊藤 憲治, 相田 紗織. 乱数生成課題における表象イメージ空間を探る(その3). 第13回21世紀科学と人間シンポジウム抄録集. 2020. 8. 05_01-05-06
  • Tomoyasu Sugiyama, Saori Aida, Hiroyuki Kameda, Tomonari Kasai, Atsushi Sato. Deep-learning of cancer stem cell morphology. Chem-Bio Informatics Society(CBI) Annual Meeting 2019. 2019
  • 亀田 弘之, 相田 紗織. 浅い意味層表現形式を経由する多言語翻訳方式の提案. 第12回21世紀科学と人間シンポジウム抄録集. 2019. 7. 12_01-12_06
  • Trienani Hariyanti, Saori Aida, Hiroyuki Kameda. Samawa Part of Speech Tagging using Brill Tagger. 第12回21世紀科学と人間シンポジウム抄録集. 2019. 7. 04_01-04_09
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • 学生主体型PBL教育の実践(中間報告)
    (電子情報通信学会 総合大会 2020)
  • がん幹細胞モデルmiPS-LLCcmの細胞形態の深層学習法による解析
    (第71回 日本生物工学会大会 2019)
  • Overlapping surfaces are not necessary for overestimation of the number of elements in a three-dimensional stimulus
    (42th European Conference on Visual Perception (ECVP 2019) 2019)
  • AIの医療・バイオ情報解析への応用とその問題点
    (生体医工学会 2019)
  • 3次元数量過大推定現象に及ぼす奥行き構造の効果
    (日本視覚学会2019年冬季大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (6件):
  • 2020/03 - 現在 山口大学 助教
  • 2017/04 - 2020/02 東京工科大学 助教
  • 2016/04 - 2017/03 東京工科大学 助手
  • 2015/04 - 2016/03 研究開発法人 産業技術総合研究所 産総研特別研究員
  • 2014/04 - 2015/03 東京海洋大学・日本学術振興会 特別研究員(PD)(DC2からの資格変更)
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/06 - 現在 映像情報メディア学会 編集委員会(企画委員会)幹事
  • 2016/04 - 現在 21世紀科学と人間研究教育協会 大会実行委員会委員
受賞 (3件):
  • 2014/12 - 第6回錯視コンテスト審査委員会 第6回錯視コンテスト入賞 マボロシの風車
  • 2014/03 - 東京海洋大学 平成25年度東京海洋大学学長賞
  • 2013/07 - 日本視覚学会 ベストプレゼンテーション賞 3次元における数の過大推定現象:前面と後面の構成要素数の効果
所属学会 (3件):
公益社団法人自動車技術会 ,  日本基礎心理学会 ,  日本視覚学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る