研究者
J-GLOBAL ID:201101025121779551   更新日: 2020年06月04日

池上 大祐

イケガミ ダイスケ | Ikegami Daisuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.sic.shibaura-it.ac.jp/~ikegami/http://www.sic.shibaura-it.ac.jp/~ikegami/
研究分野 (1件): 数学基礎
研究キーワード (6件): 記述集合論 ,  巨大基数 ,  内部モデル理論 ,  無限ゲーム ,  強制法絶対性 ,  集合論
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2023 巨大基数公理、無限ゲームの決定性とChang+モデルの構造解析
  • 2019 - 2020 最小の非可算基数の巨大基数的性質について
  • 2015 - 2018 ゲーデルのプログラムと巨大基数公理・強制法公理について
  • 2014 - 2016 内部モデルとブール値高階論理・Ω論理
論文 (10件):
  • Daisuke Ikegami, Philipp Schlicht, Hisao Tanaka. Borel subsets of the real line and continuous reducibility. Fundamenta Mathematicae. 2019. 244. 3. 209-241
  • Daisuke Ikegami, Nam Trang. On a class of maximality principles. Archive for Mathematical Logic. 2018. 57. 5-6. 713-725
  • Daisuke Ikegami. Notes on Bl-AD_{\omegea_1}. 京都大学数理解析研究所講究録. 2017. 2042. 72-74
  • Daisuke Ikegami, Jouko Vaananen. Boolean-Valued Second-Order Logic. NOTRE DAME JOURNAL OF FORMAL LOGIC. 2015. 56. 1. 167-190
  • Daisuke Ikegami, David de Kloet, Benedikt Lowe. The axiom of real Blackwell determinacy. ARCHIVE FOR MATHEMATICAL LOGIC. 2012. 51. 7-8. 671-685
もっと見る
MISC (1件):
  • Daisuke Ikegami, Ralf Schindler. Note on alternating chains
講演・口頭発表等 (4件):
  • On supercompactness of omega_1
    (アジア論理学会議 2019 2019)
  • On preserving AD via forcings
    (オランダ王立芸術科学アカデミーコロキウム:一般 化されたベール空間について 2018)
  • On supercompactness of omega_1
    (第2 回環太平洋国際研究集会:トポロジーとその応用 について 2017)
  • Inner models from Boolean valued higher order logics and Ω-logic.
    (CRMワークショッ プ:強い論理のモデル理論についての集合論的様相について, 2016)
学歴 (3件):
  • 2006 - 2010 アムステルダム大学 論理・言語・計算研究所
  • 2004 - 2006 名古屋大学 計算機数理科学専攻
  • 2000 - 2004 東京大学 数学科
学位 (1件):
  • Ph.D.(数学) (アムステルダム大学)
経歴 (10件):
  • 2020/04 - 現在 芝浦工業大学 工学部 准教授
  • 2018/04 - 現在 芝浦工業大学 SIT 総合研究所 准教授
  • 2015/10 - 2018/03 東京電機大学 工学部 数学系列 助教(A)
  • 2014/04 - 2015/09 神戸大学 システム情報学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2013/11 - 2014/03 トリノ大学 数学科 ポスドク
全件表示
受賞 (1件):
  • 2010/09 - Deutsche Vereinigung für Mathematische Logik (DVMLG) 学位論文賞
所属学会 (3件):
日本数学会 ,  European Set Theory Society ,  Association for Symbolic Logic
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る