研究者
J-GLOBAL ID:201101026706347246   更新日: 2020年09月01日

小幡 亜希子

オバタ アキコ | Obata Akiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://ebm.web.nitech.ac.jp/
研究キーワード (1件): biomaterials bioceramics
論文 (89件):
  • Akiko Obata, Kazuma Mori, Keiichi Inukai, Katsuya Kato, Gowsihan Poologasundarampillai, Toshihiro Kasuga. Three-Dimensional Cotton-Wool-like Polyhydroxybutyrate/Siloxane-doped Vaterite Composite Fibrous Scaffolds: Effect of Imogolite-coating on Physicochemical and Cell Adhesion Properties. Frontiers in Materials. 2020
  • Elizabeth Norris, Carolina Ramos-Rivera, Gowsihan Poologasundarampillai, Joshua Clark, Qun Ju, Akiko Obata, John Hanna, Toshihiro Kasuga, Gavin Jell, Julian Jones. Electrospinning 3D bioactive glasses for wound healing. Biomedical Materials. 2020
  • Patrícia S Sato, Toshiki Watanabe, Hirotaka Maeda, Akiko Obata, Toshihiro Kasuga. Preparation of an antibacterial amorphous thin film by radiofrequency magnetron sputtering using a 65ZnO-30P2O5-5Nb2O5 glass. Journal of Non-Crystalline Solids. 2019. 528. 119724
  • Naoki Osada, Arisa Terada, Hirotaka Maeda, Akiko Obata, Yasutoshi Nishikawa, Toshihiro Kasuga. Tuning of ion-release capability from bio-ceramic-polymer composites for enhanceing cellular activety. Royal Society Open Science. 2019. 6. 190612
  • Patrícia S. Sato, Toshiki Watanabe, Hirotaka Maeda, Akiko Obata, Toshihiro Kasuga. Structural Analysis of 65ZnO-30P2O5-5Nb2O5 Invert Glass Using X-ray Photoelectron Spectroscopy. Materials Transactions. 2019. 60. 1707-1710
もっと見る
MISC (11件):
  • 水野稔久, 小幡亜希子. 生理活性を保持した不織布の開発. 月刊ファインケミカル. 2017. 7
  • 小幡亜希子, 前田浩孝, 春日敏宏. リン酸塩ガラス系バイオマテリアルの細胞親和性. PHOSPHORUS LETTER. 2013. 79. 27-35
  • 小幡亜希子. セラミックス・ポリマー材料 現状と将来展望. まてりあ. 2012. 51. 7. 313-315
  • 小幡亜希子, 春日敏宏. ガラスおよび結晶化ガラスを用いた生体修復. 日本歯科理工学会誌. 2012. 31. 4. 285-288
  • 小幡亜希子. 骨形成性細胞を刺激する無機イオンを利用した生体材料の設計. 化学工業. 2012. 63. 10. 28-33
もっと見る
書籍 (13件):
  • Silica-based Nanoceramics (Nanobioceramics for Healthcare Applications, Chapter 2)
    World Scientific 2017
  • Cytotoxicity of Metallic Biomaterials (Advances in Metallic Biomaterials, Springer Series in Biomaterials Science and Engineering 3, Chapter 14)
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2015
  • 細胞接着性を飛躍的に向上させるコーティング材料(バイオマテリアル研究の最前線)
    公益社団法人日本金属学会 2014
  • シリコンを溶出する材料が示す細胞の活性化効果(バイオマテリアル研究の最前線)
    公益社団法人日本金属学会 2014
  • 骨芽細胞様細胞に対するニオブイオンの影響(バイオマテリアル研究の最前線)
    公益社団法人日本金属学会 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (291件):
  • 6配位ケイ素を含有するリン酸塩ガラスの構造
    (日本セラミックス協会2020年年会 2020)
  • 層状水酸化物ナノ粒子の細胞為害性における粒子組成・構造特性の効果
    (日本セラミックス協会2020年年会 2020)
  • ケイ酸塩ガラス及びリン酸塩ガラスが骨芽細胞様細胞の石灰化に与える影響
    (日本セラミックス協会2020年年会 2020)
  • 種々の層状水酸化物に対する細胞応答の調査
    (日本セラミックス協会2020年年会 2020)
  • 無機イオンの組み合わせが破骨前駆細胞の分化に及ぼす影響
    (日本セラミックス協会2020年年会 2020)
もっと見る
受賞 (11件):
  • 2018/03/06 - 永井科学技術財団 永井科学技術財団永井学術賞
  • 2014/08 - IUMRS-ICA2014 Award for Encouragement of Research in IUMRS-ICA2014
  • 2013/09 - 日本無機リン化学会 第22回日本無機リン化学会奨励賞
  • 2012/11 - - The 5th International Symposium on Designing, Processing and Properties of Advanced Engineering Materials (ISAEM-2012), Best Poster Presentation
  • 2011/04 - 日本セラミックス協会 平成23年度日本セラミックス協会賞進歩賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る