研究者
J-GLOBAL ID:201201033895909920   更新日: 2024年07月16日

中島 拓

ナカシマ タク | NAKASHIMA TAKU
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000090643792/
研究分野 (1件): 呼吸器内科学
研究キーワード (2件): 肺線維症、間質性肺疾患、組織幹細胞、骨髄細胞、肺癌、肺障害 ,  骨髄細胞、線維化、肺線維症、間質性肺炎、組織幹細胞、肺癌、肺傷害、骨髄移植
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2023 - 2024 肺線維症における口腔内微生物叢変容の意義
  • 2024 - 骨髄細胞に潜在する質的障害が肺線維症に与える影響の解明
  • 2020 - 2023 骨髄の性質変化に着目した肺線維症に有効な骨髄ALDH高発現細胞集団の選別
  • 2020 - 2021 腸内細菌叢の変化は肺線維症を悪化させるか
  • 2017 - 2020 ALDH活性を指標とした肺組織幹細胞の検出と肺線維症への治療応用
全件表示
論文 (128件):
  • Tanahashi, Hiroki, Iwamoto, Hiroshi, Yamaguchi, Kakuhiro, Sakamoto, Shinjiro, Horimasu, Yasushi, Masuda, Takeshi, Nakashima, Taku, Ohshimo, Shinichiro, Fujitaka, Kazunori, Hamada, Hironobu, et al. Lipocalin-2 as a prognostic marker in patients with acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis. RESPIRATORY RESEARCH. 2024. 25. 1
  • Miura, Shinichiro, Iwamoto, Hiroshi, Namba, Masashi, Yamaguchi, Kakuhiro, Sakamoto, Shinjiro, Horimasu, Yasushi, Masuda, Takeshi, Miyamoto, Shintaro, Nakashima, Taku, Ohshimo, Shinichiro, et al. High S100A9 level predicts poor survival, and the S100A9 inhibitor paquinimod is a candidate for treating idiopathic pulmonary fibrosis. BMJ OPEN RESPIRATORY RESEARCH. 2024. 11. 1
  • Shimoji, Kiyofumi, Nakashima, Taku, Masuda, Takeshi, Namba, Masashi, Sakamoto, Shinjiro, Yamaguchi, Kakuhiro, Horimasu, Yasushi, Mimae, Takahiro, Miyamoto, Shintaro, Iwamoto, Hiroshi, et al. Hypoxia-inducible factor 1a modulates interstitial pneumonia-mediated lung cancer progression. JOURNAL OF TRANSLATIONAL MEDICINE. 2023. 21. 1
  • Oda, Takashi, Iwamoto, Hiroshi, Takeno, Sachio, Kawasumi, Tomohiro, Takemoto, Kota, Nishida, Manabu, Chikuie, Nobuyuki, Horibe, Yuichiro, Yamaguchi, Kakuhiro, Sakamoto, Shinjiro, et al. Exhaled Nitric Oxide and Olfactory Dysfunction in Patients with Asthma: Association with Chronic Rhinosinusitis. MEDICINA-LITHUANIA. 2023. 59. 10
  • Yamada, Takahiro, Nakashima, Taku, Masuda, Takeshi, Sakamoto, Shinjiro, Yamaguchi, Kakuhiro, Horimasu, Yasushi, Miyamoto, Shintaro, Iwamoto, Hiroshi, Fujitaka, Kazunori, Hamada, Hironobu, et al. Intestinal overgrowth of Candida albicans exacerbates bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice with dysbiosis. JOURNAL OF PATHOLOGY. 2023. 261. 2. 227-237
もっと見る
MISC (13件):
  • 中尾聡志, 山口覚博, 鍵本篤志, 半田良憲, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 見前隆洋, 宮本真太郎, 中島拓, et al. 間質性肺炎合併肺癌における肺切除後の間質性肺炎急性増悪発症予測因子としての血中sRAGEの有用性. 日本呼吸器学会誌(Web). 2021. 10
  • 中西雄, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 見前隆洋, 中島拓, 宮本真太郎, 津谷康大, 岩本博志, et al. NLRとAGRを用いたNSCLCに対するimmune checkpoint inhibitorの効果予測因子の検討. 日本肺癌学会総会号. 2020. 61st
  • 益田武, 中西雄, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 見前隆洋, 宮本真太郎, 中島拓, 津谷康大, 岩本博志, et al. Interstitial lung abnormalitiesの存在はPD-1/PD-L1阻害剤による肺障害に対するリスク因子となる. 日本肺癌学会総会号. 2019. 60th
  • 中西雄, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 見前隆洋, 中島拓, 宮本真太郎, 津谷康大, 岩本博志, et al. 複数のバイオマーカーを用いたNSCLCに対するimmune checkpoint inhibitorの効果予測因子の検討. 日本肺癌学会総会号. 2019. 60th
  • Hiroshi Iwamoto, Yasushi Horimasu, Taku Nakashima, Shinichiro Ohshimo, Nobuhisa Ishikawa, Kazunori Fujitaka, Yoshinori Haruta, Hiroshi Murai, Noboru Hattori, Witold Mazur, et al. Decreased circulatory receptor for advanced glycation end-products is associated with poorer survival in patients with idiopathic pulmonary fibrosis. EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL. 2014. 44
もっと見る
書籍 (9件):
  • 今日の診断指針 第8版
    医学書院 2018
  • 間質性肺炎・肺線維症と類縁疾患
    中山書店 2018
  • 「間質性肺炎・肺線維症のトピックス」
    科学評論社 2018
  • 「ARDSのすべて」
    科学評論社 2018
  • 特発性間質性肺炎診断と治療の手引き
    2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (207件):
  • 非小細胞肺癌における免疫チェックポイント阻害剤に対する初期耐性の克服-PAI-1を標的とした治療方法の開発-
    (第64回日本肺癌学会総会 2311)
  • イピリムマブ併用/非併用複合免疫療法の毒性中止例における臨床転帰の比較ー多施設共同後向き研究ー
    (第64回日本肺癌学会総会 2311)
  • 進展型小細胞肺癌の下垂体転移に対し薬物療法を行い病勢制御し得た1例
    (第69回日本呼吸器中国・四国地方会 2023)
  • 外科的肺切除が奏効した器質化肺炎合併壊死性肺炎の一例
    (第69回日本呼吸器中国・四国地方会 2023)
  • Real worldにおけるイピリムマブ併用/非併用複合免疫療法におけるPD-L1 発現別の有効性・安全性の検討
    (第64回日本肺癌学会学術集会 2023)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2008 広島大学 大学院医歯薬学総合研究科 展開医科学専攻
  • 1995 - 2001 広島大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (広島大学)
経歴 (11件):
  • 2024/04 - 現在 広島大学大学院 医系科学研究科 分子内科学 講師
  • 2024/04/01 - 大学院医系科学研究科(医) 分子内科学 講師
  • 2017/10 - 2024/03 広島大学病院 呼吸器内科 診療講師
  • 2012/12 - 2024/03 広島大学病院 呼吸器内科 助教
  • 2012/07/01 - 2012/11/30 広島大学 病院 集中治療部 助教
全件表示
受賞 (2件):
  • 2009 - 広島大学広仁会 第27回広仁会賞
  • 2008/05 - アメリカ胸部疾患学会 ATS Travel Award Suppressor of cytokine signaling1 inhibits pulmonary inflammation and fibrosis
所属学会 (4件):
日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る