研究者
J-GLOBAL ID:201301064375537540   更新日: 2021年06月05日

岩本 尚禧

イワモト ナオキ | Naoki Iwamoto
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 民事法学
研究キーワード (1件): 法学 / 民事法学 / 詐欺、錯誤、不法行為、意思能力、遺言能力、認知症
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 清明期における遺言能力
  • 2017 - 2019 錯誤者の損害賠償責任
論文 (11件):
  • 岩本尚禧. 遺言能力の「一時回復」. 商学討究. 2020. 71. 1
  • 岩本 尚禧. 民事詐欺の違法性と責任(10・完). 北大法学論集. 2014. 64. 6. 302[59]-277[84]
  • 岩本 尚禧. 民事詐欺の違法性と責任 (9). 北大法学論集. 2014. 64. 5. 212[219]-171[260]
  • 岩本 尚禧. 民事詐欺の違法性と責任 (8). 北大法学論集. 2013. 64. 4. 208[155]-161[202]
  • 岩本 尚禧. 民事詐欺の違法性と責任 (7). 北大法学論集. 2013. 64. 3. 322[183]-277[228]
もっと見る
MISC (4件):
  • 岩本 尚禧. 判例評釈 認知症に罹患した高齢者の養子縁組時における意思能力が肯定された事案[広島高等裁判所2013(平25).5.9判決]. 商学討究. 2016. 67. 1. 327-347
  • 岩本 尚禧. ソフトウェアに関するリース契約の勧誘行為が「社会的相当性を著しく欠き」「意思決定の自由を侵害した」不法行為として認められた事例. 商学討究. 2013. 63. 4. 143-162
  • 岩本 尚禧. 民事判例研究 サッカーの試合中に発生した落雷事故について引率者兼監督の教諭に予見義務違反のあることが認められた事例[最高裁平成18.3.13判決]. 北大法学論集. 2008. 58. 6
  • 岩本 尚禧. 民事判例研究 公団分譲住宅の譲渡契約締結に際して意思決定の機会を奪う説明義務違反があったことを理由に慰謝料請求が認容された事例[平成16.11.18第一小法廷判決]. 北大法学論集. 2007. 58. 3
書籍 (5件):
  • カリンと学ぶ法学入門(第2版)
    法律文化社 2021 ISBN:9784589041432
  • 民事詐欺の違法性と責任
    日本経済評論社 2019
  • 社会の変容と民法の課題[上巻]-瀬川信久先生・吉田克己先生古希記念論文集-
    成文堂 2018
  • 北海道判例集
    2015
  • カリンと学ぶ法学入門
    法律文化社 2015
講演・口頭発表等 (1件):
  • 民事詐欺の違法性と責任
    (日本私法学会 2014)
学歴 (3件):
  • - 2011 北海道大学大学院法学研究科博士後期課程修了
  • - 2005 熊本大学大学院法学研究科修士課程修了
  • - 2003 鹿児島大学法文学部法政策学科卒
学位 (1件):
  • 博士(法学) (北海道大学)
経歴 (1件):
  • 2011/04 - 現在 小樽商科大学 商学部企業法学科 准教授
委員歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 北海道小樽市感染症評議会 岩本尚禧
  • 2016/05 - 2016/05 小樽市保健所 倫理審査委員会
所属学会 (1件):
日本私法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る