研究者
J-GLOBAL ID:201401074960673419   更新日: 2019年12月25日

大沼貴之

オオヌマ タカユキ | Takayuki Ohnuma
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 応用生物化学
研究キーワード (4件): キチン質分解酵素 ,  植物ー微生物間相互作用 ,  生体分子間相互作用 ,  アレルゲン
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 イネXIPによる病原菌抵抗機構の分子基盤の解明
  • 2014 - 2016 植物の細胞壁構築に関与するキチナーゼ様タンパク質CTLの構造と機能
  • 2014 - 2015 マメ科植物が生産するノッド因子加水分解酵素の構造と機能
  • 2011 - 2013 植物のキチンオリゴ糖エリシター受容体タンパク質の構造と機能
  • 2011 - Award of guest researcher scholarship
全件表示
論文 (57件):
  • Takashima T, Taku T, Yamanaka T, Fukamizo T, Numata T, Ohnuma T. Crystal structure and biochemical characterization of CJP38, a β-1,3-glucanase and allergen of Cryptomeria japonica pollen. Molecular immunology. 2019. 116. 199-207
  • Kitaoku Y, Nishimura S, Hirono T, Suginta W, Ohnuma T, Fukamizo T. Structures and chitin-binding properties of two N-terminal lysin motifs (LysMs) found in a chitinase from Volvox carteri. Glycobiology. 2019. 29. 7. 565-575
  • Shirasaka N, Harazono K, Nakahigashi R, Mitsui K, Tanaka J, Tanazawa S, Mitsutomi M, Ohnuma T. Characterization of a GH family 20 exo-β-N-acetylhexosaminidase with antifungal activity from Streptomyces avermitilis. Journal of Applied Glycoscience. 2019. 66. 3. 83-88
  • Ohnuma T, Tanaka T, Urasaki A, Dozen S, Fukamizo T. A novel method for chemo-enzymatic synthesis of chitin oligosaccharide catalyzed by the mutant of inverting family GH19 chitinase using 4,6-dimethoxy-1,3,5-triazin-2-yl α-chitobioside as a glycosyl donor. Journal of biochemistry. 2018
  • Iinuma C, Saito A, Ohnuma T, Tenconi E, Rosu A, Colson S, Mizutani Y, Liu F, Świątek-Połatyńska M, Wezel GV, Rigali S, Fujii T, Miyashita K. NgcESco Acts as a Lower-Affinity Binding Protein of an ABC Transporter for the Uptake of N,N'-Diacetylchitobiose in Streptomyces coelicolor A3(2). Microbes and environments. 2018
もっと見る
MISC (11件):
書籍 (5件):
  • キチン、キトサン、オリゴ糖およびその誘導体-生物活性とその利用-
    CRC press 2010
  • Protein and Peptide Analysis by LC-MS: Experimental Strategies (RSC Chromatography Monographs)
    Royal Society of Chemistry 2011 ISBN:1849731829
  • 糖質とタンパク質の相互作用解析、『機能性糖質素材の開発と食品への応用II』
    シーエムシー出版 2013 ISBN:978-4-7813-0823-4
  • Marine Medicinal Glycomics
    Nova Science Publishers, Inc. 2013 ISBN:978-1-62618-649-1
  • Lysozymes: Sources, Functions and Role in Diseas
    Nova Science Publishers, Inc. 2013 ISBN:978-1-62257-842-9
学位 (1件):
  • 博士(農学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2002 - 2003 イリノイ大学アーバナ-シャンペーン校 博士研究員
  • 2003 - 2006 カリフォルニア大学バークレー校/米国農務省 博士研究員
  • 2006 - 2008 独立行政法人農業生物資源研究所 特別研究員
  • 2008 - 2011 近畿大学 助教
  • 2012 - 2014 近畿大学 講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017 - 現在 日本応用糖質科学会 評議員
  • 2014 - 現在 日本キチン・キトサン学会 編集委員
  • 2013 - 現在 日本応用糖質科学会 和文誌編集員
  • 2014 - 2016 日本キチン・キトサン学会 理事
受賞 (3件):
  • 2019/09 - 日本応用糖質科学会 技術開発賞 放線菌糖質関連酵素の食品分野への展開
  • 2017/08 - 日本キチン・キトサン学会 奨励賞 キチン分解酵素の構造と機能および糖鎖合成への応用
  • 2015/09 - 日本応用糖質科学会 奨励賞 キチン質分解酵素の構造と機能および利用に関する研究
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る