研究者
J-GLOBAL ID:201401093946621613   更新日: 2021年07月18日

佐々木 てる

ササキ テル | TERU SASAKI
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70396597.ja.html
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (8件): 祭礼研究 ,  質的調査 ,  ナショナリズム ,  移民政策 ,  国籍 ,  在日コリアン ,  エスニシティ ,  国際社会学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 重国籍制度および重国籍者に関する学際的研究
  • 2014 - 2017 人口減少社会の外国人統合政策 ~青森県における外国籍者の事例から~
  • 2014 - 2015 観光産業としての「青森ねぶた祭り」 ~宿泊施設の課題と解決策を考える~
論文 (10件):
  • 柳赫秀, 佐々木てる, 佐藤成基, 遠藤正敬, 殷勇基. 【座談会】出生地主義の拡大と複数国籍の承認について考える. エトランデュテ. 2020. 3. 5-54
  • 佐々木てる. 人口減少地域における外国人政策 -青森県を事例として-. 社会分析. 2019. 46. 23-42
  • 佐々木てる. 日本は移民国家になりえるのか 国籍取得をめぐるポリティクス. DSITAL現代の理論(http://gendainoriron.jp/index.html). 2019. 18
  • 佐々木てる. 複数国籍容認にむけて-現代日本における重国籍者へのバッシングの社会的背景. 移民政策研究11. 2019. 7-17
  • 佐々木てる. 保守化する時代と重国籍制度 ~ナショナル・アイデンティティから視る現代日本社会の国籍観~. エトランデュエ. 2018. 2. 151-175
もっと見る
書籍 (8件):
  • 「日本人にはなれない、日本人であり続けることができない」『別冊環 24』
    藤原書店 2019
  • 『共生社会の再構築I』
    法律文化社 2019
  • 「人口減少地域における外国人・移民政策 〜青森県を事例として〜」リレー連載「多文化『共創』の国・日本」『国際人流』
    財団法人入管協会 2017
  • パスポート学
    北海道大学出版会 2016
  • マルチ・エスニック・ジャパニーズ:〇〇系日本人の変革力
    明石書店 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 複数の国籍を保持することに関するWeb調査
    (日本社会学会 2019)
  • 1.重国籍制度に関する比較社会学的研究(1) 現代日本における重国籍者を巡る言説とその論点について
    (日本社会学会 2018)
  • 複数国籍容認にむけて:日本社会における国籍の壁
    (移民政策学会 2018)
学位 (1件):
  • 博士(社会学) (筑波大学)
経歴 (1件):
  • 2014 - 青森大学 社会学部 准教授
所属学会 (3件):
日本オーラル・ヒストリー学会 ,  移民政策学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る