研究者
J-GLOBAL ID:201501011718942185   更新日: 2022年07月31日

照屋 健太

テルヤ ケンタ | Teruya Kenta
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://www.neurochemistry.med.tohoku.ac.jp/https://www.neurochemistry.med.tohoku.ac.jp/NC/NC_teruya.html
研究分野 (2件): ウイルス学 ,  生体化学
研究キーワード (5件): 凝集蛋白質 ,  ペプチド化学 ,  プリオン病 ,  蛋白質化学 ,  プリオン
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 賦形剤の薬効?
  • 2015 - 2017 細胞上での蛋白質凝集体のモノマー間インターフェイスの解明
  • 2011 - 2013 リポソームを駆使した脂質結合型蛋白質のシームレスな半合成と細胞表面ターゲット
  • 2006 - 2007 化学修飾によって蛋白質を神経細胞表面の特定の部位に局在化させる
  • 2004 - 2005 膜結合型プリオン蛋白質の調製法の開発、及び脂質膜への再構成
論文 (53件):
  • Kenta Teruya, Ayumi Oguma, Satoko Takahashi, Miki Watanabe-Matsui, Sachiyo Tsuji-Kawahara, Masaaki Miyazawa, Katsumi Doh-ura. Anti-prion activity of cellulose ether is impaired in mice lacking pre T-cell antigen receptor α, T-cell receptor δ, or lytic granule function. International Immunopharmacology. 2022. 107. 108672-108672
  • Kenta Teruya, Sara Iwabuchi, Yuki Watanabe, Rikiya Tsuchida, Miki Watanabe-Matsui, Hiroyuki Konno, Katsumi Doh-Ura. Activities of curcumin-related compounds in two cell lines persistently infected with different prion strains. Biochimica et biophysica acta. General subjects. 2022. 1866. 4. 130094-130094
  • Kenta Teruya, Ayumi Oguma, Keita Arai, Keiko Nishizawa, Sara Iwabuchi, Miki Watanabe-Matsui, Yuji Sakasegawa, Hermann Schätzl, Sabine Gilch, Katsumi Doh-Ura. Polymorphisms in glia maturation factor β gene are markers of cellulose ether effectiveness in prion-infected mice. Biochemical and biophysical research communications. 2021. 560. 105-111
  • Mingxuan Ding, Kenta Teruya, Weiguanliu Zhang, Hae Weon Lee, Jue Yuan, Ayumi Oguma, Aaron Foutz, Manuel V Camacho, Marcus Mitchell, Justin J Greenlee, et al. Decrease in Skin Prion-Seeding Activity of Prion-Infected Mice Treated with a Compound Against Human and Animal Prions: a First Possible Biomarker for Prion Therapeutics. Molecular neurobiology. 2021
  • Keiko Nishizawa, Kenta Teruya, Ayumi Oguma, Yuji Sakasegawa, Hermann Schätzl, Sabine Gilch, Katsumi Doh-Ura. Preparation and Characterization of Cellulose Ether Liposomes for the Inhibition of Prion Formation in Prion-Infected Cells. Journal of pharmaceutical sciences. 2019. 108. 8. 2814-2820
もっと見る
MISC (24件):
特許 (6件):
書籍 (8件):
  • 最新アミロイドーシスのすべて
    医歯薬出版 2017
  • Medical Bio
    オーム社 2010
  • KEY WORD感染症 第2版
    先端医学社 2008
  • PEPTIDE SCIENCE 2007
    The Japanese Peptide Society 2008
  • CHEMICAL RESEARCH IN CHINESE UNIVERSITIES
    HIGHER EDUCATION PRESS, SHATANHOU ST 55, BEIJING 100009, PEOPLES R CHINA 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • プリオン病治療薬開発の現状
    (第62回日本神経学会学術大会 シンポジウム「プリオン病の創薬と早期診断」 2021)
  • プリオン病治療法開発の現状と展望
    (2018年度 プリオン病のサーベイランスと対策に関する全国担当者会議 2019)
  • Our efforts and state in developing anti-prion chemicals based on mouse models
    (PRION 2018 2018)
  • プリオン病治療法開発の現状
    (第25回 山形分子生物学セミナー 2017)
  • Current Therapeutic Development for Prion Disease
    (第60回 神経化学大会サテライトシンポジウム 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 大阪大学大学院
  • 1997 - 1999 大阪大学大学院
  • 1993 - 1997 大阪大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 東北大学 大学院医学系研究科 准教授
  • 2010/07 - 2015/03 京都府立医科大学大学院医学研究科 准教授
  • 2003/10 - 2010/06 東北大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2002/07 - 2003/09 National Institutes for Health National Cancer Institute Visitting Fellow
  • 2002/04 - 2002/06 大阪大学 蛋白質研究所 研究員
委員歴 (1件):
  • 2017/10 - 現在 Asian Pacific Society of Prion Research Counsilar
所属学会 (5件):
有機合成化学協会 ,  アジア太平洋プリオン研究会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本化学会 ,  日本ペプチド学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る