研究者
J-GLOBAL ID:201601002941572487   更新日: 2024年07月15日

晝間 敬

ヒルマ ケイ | Kei Hiruma
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 理学系研究科生物科学専攻
  • 国際環境学大学院プログラム
ホームページURL (1件): http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/hiruma/
研究分野 (2件): 植物分子、生理科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (13件): 病原と共生の連続性 ,  超個体 ,  Plant-Microbe interactions ,  Microbial evolution ,  Arabidopsis thaliana ,  機能ゲノミクス ,  病原菌 ,  内生菌 ,  植物栄養 ,  根圏微生物群 ,  植物免疫 ,  Colletotrichum ,  植物成長促進
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2024 - 2028 農業現場と分子生物学をつなぐ超個体の物質動態マルチモーダルイメージング技術の開発
  • 2021 - 2027 植物微生物共生体における糸状菌の休眠二次代謝物群の役割
  • 2024 - 2026 同種・近縁糸状菌が植物根圏で競合した際に覚醒する有性生殖機構の解明および活用
  • 2023 - 2026 植物感染糸状菌の病原から共生と対照的かつ連続的な感染戦略を支える分子機構の解明
  • 2023 - 2026 糸状菌の二次代謝物を活用した植物成長促進技術の開発
全件表示
論文 (36件):
  • Ren Ujimatsu, Junya Takino, Masami Nakamura, Hiromi Haba, Atsushi Minami, Kei Hiruma. A fungal transcription factorBOT6facilitates the transition of a beneficial root fungus into an adapted anthracnose pathogen. 2024
  • Kei Hiruma, Seishiro Aoki, Junya Takino, Takeshi Higa, Yuniar Devi Utami, Akito Shiina, Masanori Okamoto, Masami Nakamura, Nanami Kawamura, Yoshihiro Ohmori, et al. A fungal sesquiterpene biosynthesis gene cluster critical for mutualist-pathogen transition in Colletotrichum tofieldiae. Nature communications. 2023. 14. 1. 5288-5288
  • Kentaro Okada, Koei Yachi, Tan Anh Nhi Nguyen, Satomi Kanno, Chika Tateda, Tae-Hong Lee, Uyen Nguyen, Shunsuke Miyashima, Kei Hiruma, Kyoko Miwa, et al. Defense-related callose synthasePMR4promotes root hair callose deposition and adaptation to phosphate deficiency inArabidopsis thaliana. 2023
  • Tan Anh Nhi Nguyen, Takeshi Higa, Akito Shiina, Yuniar Devi Utami, Kei Hiruma. Exploring the roles of fungal-derived secondary metabolites in plant-fungal interactions. Physiological and Molecular Plant Pathology. 2023. 125
  • Mana Mukai, Kei Hiruma, Tomohiro Nishigaki, Yuniar Devi Utami, Junnosuke Otaka, Tadashi Yoshihashi, Papa Saliou Sarr, Aung Zaw Oo, Toshiyuki Takai, Yasuhiro Tujimoto. Dysbiosis of the rhizosphere microbiome caused by gamma-irradiation alters the composition of root exudates and reduces phosphorus uptake by rice in flooded soils. PLANT AND SOIL. 2022
もっと見る
MISC (44件):
  • NGUYEN Tan Anh Nhi, NAKAMURA Masami, HIRUMA Kei. 植物トリファン代謝経路は窒素欠乏下のColletotrichum tofieldiaeによる植物成長促進に重要である【JST・京大機械翻訳】. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2023. 2023
  • UTAMI Yuniar Devi, HIRUMA Kei. 栄養状態はArabidopsis thalianaの増殖に及ぼすPseudomonas aeruginosaの影響を決定する【JST・京大機械翻訳】. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2023. 2023
  • 椎名昭斗, 瀧野純矢, 中村雅未, 及川英秋, 南篤志, 晝間敬, 晝間敬. 寄生型のColletotrichum tofieldiaeにおける二次代謝物産生クラスターABA-Botrydialの機能解析. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2023. 2023
  • 比嘉毅, 中村雅未, 晝間敬. 糸状菌Colletotrichum tofieldiaeにおける病原/共生型株の宿主植物根への侵入様式の比較. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2023. 2023
  • 高木桃子, 高木桃子, 平田梨佳子, 相原悠介, 相原悠介, 林優紀, 水谷未耶, 安藤英伍, 河野(吉村)恵実, 富山将和, et al. 画像解析によるシロイヌナズナ気孔・根の表現型定量技術の実装と運用. 日本植物学会大会研究発表記録(CD-ROM). 2023. 87th
もっと見る
特許 (1件):
  • Use of Colletotrichum tofieldiae for promoting plant growth
学歴 (3件):
  • 2009 - 2012 京都大学 農学研究科 応用生物科学専攻博士課程
  • 2007 - 2009 京都大学 農学研究科 応用生物科学専攻修士課程
  • 2003 - 2007 京都大学 農学部 資源生物科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2020/11 - 現在 東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻生命環境科学系 准教授
  • 2014/04 - 2020/10 奈良先端科学技術大学院大学 助教
  • 2016/10 - 2020/03 JSTさきがけ
  • 2012/04 - 2014/03 JSPS overseas fellow(Max Planck Institute for Plant Breeding Research)
  • 2010/04 - 2012/03 日本学術振興会特別研究員(DC2) 京都大学
受賞 (3件):
  • 2024/03 - 日本植物生理学会 日本植物生理学会奨励賞
  • 2019/10 - 公益財団法人農学会 日本農学進歩賞
  • 2019/03 - 日本植物病理学会 学術奨励賞
所属学会 (3件):
日本植物生理学会 ,  日本植物病理学会 ,  日本植物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る