研究者
J-GLOBAL ID:201601006975858334   更新日: 2020年10月16日

森山 和広

モリヤマ カズヒロ | kazuhiro moriyama
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (9件): 栄養学、健康科学 ,  細菌学 ,  免疫学 ,  感染症内科学 ,  医療薬学 ,  腎臓内科学 ,  ケミカルバイオロジー ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (10件): 細胞死 ,  急性腎障害 ,  レギュラトリーサイエンス ,  医療機器開発 ,  人工腎臓 ,  エンドトキシン ,  サイトカイン ,  自然免疫 ,  敗血症 ,  血液浄化
論文 (35件):
  • Hasegawa D, Nishida K, Kawaji T, Hara Y, Shimomura Y, Moriyama K, Niimi D, Kuriyama N, Shintani A, Komura H, et al. Impact of Blood Type O on Mortality of Sepsis Patients: A Multicenter Retrospective Observational Study. 2020. 10. 2026
  • 山下千鶴, 森山和広, 川治崇泰, 西田修. PMX-DHPを再考する:当院ICU における敗血症に対する血液浄化法治療戦略とPMX-DHP の位置づけ. ICUとCCU. 2020. 44. 9
  • 森山和広, 山下千鶴, 西田修. 基礎的な見地からみた血中エンドトキシン除去の意義. 日急性血浄化会誌. 2020. 11. 1. 9-16
  • Nakamura T, Kawaji T, Harada T, Kato Y, Moriyama K, Hasegawa D, Komura H, Shibata J, Yamashita C, Kuriyama N, et al. Lower blood return temperature than core temperature as a causal factor of decreased cardiac output assessed by transpulmonary thermodilution during blood purification. Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2020
  • Moriyama K, Kato Y, Hasegawa D, Kurimoto Y, Kawaji T, Nakamura T, Kuriyama N, Shimomura Y, Nishida O. Involvement of ionic interactions in cytokine adsorption of polyethyleneimine-coated polyacrylonitrile and polymethyl methacrylate membranes in vitro. Journal of Artificial Organs. 2020
もっと見る
MISC (34件):
  • Yamashita C, Moriyama K, Hasegawa D, Kawaji T, Kuriyama N, Nakamura T, Shimomura Y, Suzuki S, Kato Y, Nishida O. Does the endotoxin adsorption of pmx column saturate in 2hours? -preliminary study. 2020
  • Nakamura T, Kawaji T, Hasegawa D, Moriyama K, Kato Y, Harada T, Nishida O. The mechanism of the decrease in cardiac output measurement by transpulmonary thermodilution has been elucidated. The 40th Annual Meeting of Japanese Society for Apheresis, English Oral Session 1, October 18 2019, Kyoto International Conference Center, Kyoto. 2019
  • Yu Kato, Yasuyo Shimomura, Takanori Onouchi, Takahiro Kawaji, Daisuke Hasegawa, Yasuyoshi Kurimoto, Kazuhiro Moriyama, Osamu Nishda. Effects of Recombinant Human Thrombomodulin on NET Formation in Organs of Septic Mice. 48th Critical Care Congress, Research Snapshot:Sepsis. 2019
  • Daisuke Hasegawa, Naohide Kuriyama, Yoshitaka Hara, Yasuyo Shimomura, Tomoyuki Nakamura, Junpei Shibata, Kazuhiro Moriyama, Hidefumi Komura, Osamu Nishida. The Impact of Blood Type O on Mortality of Septic Patients: A Retrospective Observational Study. 48th Critical Care Congress, Research Snapshot:Sepsis. 2019
  • 山下千鶴, 森山和広, 加藤由布, 酒井俊和, 川治崇泰, 永田麻里子, 栗本恭好, 早川聖子, 原嘉孝, 栗山直英, et al. PMX-01カラムにおけるLPS吸着量のin vitro評価. エンドトキシン血症救命治療研究会誌. 2017. 21. 1. 227-227
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (10件):
  • 敗血症の診断と治療-麻酔科医にとっての最新の考え方-
    麻酔 克誠堂出版 2020
  • 急性血液浄化法 2020-21 ガイドライン、スタンダード、論文そして私見
    救急集中治療 総合医学社 2020
  • 重症患者における急性肝不全・急性腎傷害・代謝異常
    救急・集中治療アドバンス 中山書店 2018
  • 特集 AKI診療の進歩2017
    腎と透析 東京医学社 2017
  • ショック管理-ショックと臓器障害連関のメカニズム-
    救急。集中治療 総合医学社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (50件):
  • 特別講演 敗血症増悪因子DAMPs/cytokines を標的とした血液浄化法
    (急性血液浄化セミナーin出雲(Webセミナー) 2020)
  • 教育セミナー 集中治療における 血液浄化法 20XX年 病態研究に学ぶ 将来の血液浄化法とは
    (第47回 日本集中治療医学会学術集会(映像配信) 2020)
  • 教育セミナー 敗血症に対する血液濾過法を初めから丁寧に
    (東京都臨床工学技士会 2020)
  • 特別講演 敗血症病態の最新知見と血液浄化法
    (愛媛血液浄化セミナー 2020)
  • 特別講演 敗血症病態研究から学ぶ持続血濾過によるメディエータ制御
    (静岡CHDF研究会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1979 - 1983 岐阜薬科大学
経歴 (6件):
  • 2016/06 - 現在 藤田医科大学大学院 保健科学科 兼任教授
  • 2015/07 - 現在 藤田医科大学 医学部 臨床免疫制御医学講座 准教授
  • 2009/12 - 2015/07 藤田保健衛生大学 医学部 麻酔・侵襲制御医学講座 客員講師
  • 2008 - 2015 Gambro株式会社 医療機器開発部門長 執行役員
  • 2008 - 2008 Pittsburgh大学 医学部救急医学講座 Visiting Observer (Dr.John Kellum)
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/11 - 現在 日本急性血液浄化学会 理事
  • 2019/10 - 現在 日本急性血液浄化学会 編集委員
  • 2019/02 - 現在 日本急性血液浄化学会 学術委員
  • 2017/10 - 2019/09 日本急性血液浄化学会 査読委員
所属学会 (9件):
日本臨床試験学会 ,  日本臨床栄養協会 ,  日本急性血液浄化学会(理事、編集委員、学術委員) ,  日本救急医学会 ,  日本集中治療医学会 ,  Society of Critical Care Medicine ,  American Society for Apheresis (ASFA) ,  American Society of Nephrology ,  エンドトキシン血症救命治療研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る