研究者
J-GLOBAL ID:201601009333034019   更新日: 2024年03月28日

冨田 理

トミタ サトル | Tomita Satoru
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (2件): 食品科学 ,  応用微生物学
研究キーワード (6件): メタボローム解析 ,  NMR ,  メタボロミクス ,  乳酸菌 ,  発酵食品 ,  微生物
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2022 - 2026 昆虫タンパク質発酵食品の新規創出:伝統的技術で目指す持続可能な食料生産
  • 2024 - 2026 国産チーズ・ブランド化事業
  • 2023 - 2026 国産ダイズの用途拡大に向けた フードテック企業等支援基盤の整備
  • 2021 - 2025 網羅的な細胞組織構造・オミクス分析で解析する真の低温障害発生メカニズム
  • 2021 - 2024 国産チーズ・イノベーション事業
全件表示
論文 (42件):
  • Satoru Tomita, Takashi Inaoka, Akihito Endo, Sanae Okada. Raw material-dependent changes in bacterial and compositional profiles are involved in insufficient pH decrease in natural lactic fermentation of Brassica rapa leaves. Food Chemistry. 2024. 437. 137934-137934
  • Hiroya NISHIMURA, Yuh SHIWA, Satoru TOMITA, Akihito ENDO. Microbial composition and metabolic profiles during machine-controlled intra-factory fermentation of cocoa beans harvested in semitropical area of Japan. Bioscience of Microbiota, Food and Health. 2024. 43. 1. 29-42
  • 安藤泰雅, 渡邊高志, 折笠貴寛, 冨田理. Structural Differences Between Hot Air-Dried and Freeze-Dried Two-Spotted Cricket (Gryllus bimaculatus), House Cricket (Acheta domesticus), and Silkworm (Bombyx mori) Larvae and Their Effect on Powder Properties After Grinding. Food and Bioprocess Technology. 2023
  • Sora Hayashida, Tatsuro Hagi, Miho Kobayashi, Ken-Ichi Kusumoto, Hideyuki Ohmori, Satoru Tomita, Satoshi Suzuki, Hideyuki Yamashita, Kaoru Sato, Takayuki Miura, et al. Comparison of taste characteristics between koji mold-ripened cheese and Camembert cheese using an electronic tongue system. Journal of Dairy Science. 2023. 106. 10. 6701-6709
  • Satoru Tomita, Yasumasa Ando, Takashi Watanabe, Masayasu Nagata. Physical, chemical, and physiological characterization of the reactions preceding chilling injury-induced cell membrane damage in cucumber. Postharvest Biology and Technology. 2023. 201. 112349
もっと見る
MISC (31件):
  • 冨田 理. メタボローム解析を活用した発酵スターター乳酸菌の高スループット探索. 食品と開発. 2022. 57. 12. 1-4
  • 冨田 理. 木曽の「すんき」に受け継がれる伝統的発酵食品の知恵. 月間フードケミカル. 2021. 37. 11. 70-75
  • 冨田理. 発酵漬物と塩 ー低塩で活気づく乳酸菌ー. 日本生物工学会誌. 2021. 99. 10. 546
  • 冨田 理. 食品における多成分の一斉分析 ーフードミクスによる特徴解析と品質評価ー. 創造. 2021. 47. 14-20
  • 冨田 理. 平成31年・令和元年産市販パン酵母の品質について. 日本イースト工業会技術報告. 2020. 90. 4-10
もっと見る
特許 (7件):
書籍 (1件):
  • 食品分野におけるメタボリックプロファイリング : 成分、産地、品質評価・向上
    エヌ・ティー・エス 2021 ISBN:9784860437442
学歴 (1件):
  • 2007 - 2010 東京農業大学大学院 農学研究科 農芸化学専攻 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(農芸化学) (東京農業大学)
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 農研機構 食品研究部門 食品加工・素材研究領域 バイオ素材開発グループ 主任研究員
  • 2018/04 - 2021/03 農研機構 食品研究部門 食品生物機能開発研究領域 微生物機能ユニット 主任研究員
  • 2015/04 - 2018/03 農研機構 食品研究部門 食品生物機能開発研究領域 微生物機能ユニット 任期付研究員
  • 2013/11 - 2015/03 農研機構 食品総合研究所 食品分析研究領域 状態分析ユニット 特別研究員
  • 2011/06 - 2013/10 NIZO food research / Top Institute Food and Nutrition Health Division Postdoc researcher
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2018/10 - 現在 日本イースト工業会 技術委員
  • 2018/04 - 現在 日本乳酸菌学会 大会委員
  • 2018/04 - 2019/12 メタボロームシンポジウム2019 大会委員
受賞 (3件):
  • 2023/03 - 日本農芸化学会 2023年度大会トピックス賞 Aspergillus属麹菌を用いた表面カビ熟成チーズの揮発性および水溶性成分のプロファイル解析
  • 2016/10 - 日本分析化学会 Hot Article Award Analytical Science Direct Imaging of Carboxymethyl Cellulose-mediated Aggregation of Lactic Acid Bacteria Using Dark-field Microscopy
  • 2009/07 - 日本乳酸菌学会 2009年度大会若手優秀発表賞 Lactobacillus plantarum種内における細胞壁テイコ酸の構造多様性と合成遺伝子の比較解析
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る