研究者
J-GLOBAL ID:201601009433365616   更新日: 2021年03月04日

藤村 篤史

フジムラ アツシ | ATSUSHI FUJIMURA
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 腫瘍生物学
研究キーワード (4件): tRNAエピトランスクリプトーム創薬 ,  翻訳機構を標的とした制がん戦略 ,  タンパク質合成の分子機構 ,  プレシジョン・メディシンBNCT
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 次世代抗がん剤の創成を目指したtRNAエピトランスクリプトーム阻害剤の開発
  • 2020 - 2023 膠芽腫幹細胞を標的としたtRNAメチル化酵素阻害剤による制がん戦略の構築
  • 2018 - 2021 膠芽腫におけるBNCTプレシジョン・メディシン化を実現する統合的分子基盤の創出
  • 2018 - 2020 tRNAエピトランスクリプトーム創薬で実現するがん幹細胞標的型抗がん剤の開発
  • 2018 - 2020 tRNA修飾酵素群が創出する癌の不均一性の分子機構解明とそれに基づく治療戦略構築
全件表示
論文 (26件):
  • Atsuhito Uneda, Kazuhiko Kurozumi, Atsushi Fujimura, Kentaro Fujii, Joji Ishida, Yosuke Shimazu, Yoshihiro Otani, Yusuke Tomita, Yasuhiko Hattori, Yuji Matsumoto, et al. Differentiated glioblastoma cells accelerate tumor progression by shaping the tumor microenvironment via CCN1-mediated macrophage infiltration. Acta neuropathologica communications. 2021. 9. 1. 29-29
  • Hiroyuki Michiue, Mizuki Kitamatsu, Asami Fukunaga, Nobushige Tsuboi, Atsushi Fujimura, Hiroaki Matsushita, Kazuyo Igawa, Tomonari Kasai, Natsuko Kondo, Hideki Matsui, et al. Self-assembling A6K peptide nanotubes as a mercaptoundecahydrododecaborate (BSH) delivery system for boron neutron capture therapy (BNCT). Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society. 2021. 330. 788-796
  • Martina Castellan, Alberto Guarnieri, Atsushi Fujimura, Francesca Zanconato, Giusy Battilana, Tito Panciera, Hanna Lucie Sladitschek, Paolo Contessotto, Anna Citron, Andrea Grilli, et al. Single-cell analyses reveal YAP/TAZ as regulators of stemness and cell plasticity in Glioblastoma. Nature cancer. 2021. 2. 2. 174-188
  • Atsushi Fujimura, Seiji Yasui, Kazuyo Igawa, Ai Ueda, Kaori Watanabe, Tadashi Hanafusa, Yasuaki Ichikawa, Sachiko Yoshihashi, Kazuki Tsuchida, Atsunori Kamiya, et al. In Vitro Studies to Define the Cell-Surface and Intracellular Targets of Polyarginine-Conjugated Sodium Borocaptate as a Potential Delivery Agent for Boron Neutron Capture Therapy. Cells. 2020. 9. 10
  • Atsunori Kamiya, Takeshi Hiyama, Atsushi Fujimura, Soichiro Yoshikawa. Sympathetic and parasympathetic innervation in cancer: therapeutic implications. Clinical autonomic research : official journal of the Clinical Autonomic Research Society. 2020
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2009 - 2012 岡山大学 博士課程
  • 2003 - 2009 岡山大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (岡山大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 助教
  • 2015/06 - 2017/03 熊本大学 大学院生命科学研究部 特任助教
  • 2013/06 - 2015/05 パドヴァ大学 分子医学 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2013/02 - 2013/05 パドヴァ大学 分子医学 研究員
  • 2012/10 - 2013/01 熊本大学 大学院生命科学研究部 特別研究員
受賞 (8件):
  • 2021/02 - 岡山大学 岡山大学若手トップリサーチャー研究奨励賞
  • 2020/07 - 岡山大学病院 令和2年度 大藤内分泌医学賞
  • 2014/03 - 岡山医学会 平成25年度 岡山医学会賞 新見賞
  • 2012/10 - 岡山大学 平成24年度 岡山大学学会賞等受賞者
  • 2012/03 - 日本生理学会 第89回日本生理学会大会 ポスターアワード
全件表示
所属学会 (2件):
日本薬理学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る