研究者
J-GLOBAL ID:201601010735093699   更新日: 2018年11月16日

藤原 寛太郎

フジワラ カンタロウ | FUJIWARA Kantaro
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00557704.ja.html
研究分野 (1件): 感性情報学
研究キーワード (1件): 数理工学,理論神経科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2019 活動電位形状に対する非線形ダイナミクス解析手法の構築
  • 2015 - 2018 2型糖尿病における人工的膵臓刺激装置設計のための数理モデル研究
  • 2012 - 2015 単一神経細胞の活動電位データを用いた統計解析手法の開発
  • 2008 - 2011 神経データにおける情報抽出のための統計解析手法の開発と数理モデル選択
論文 (55件):
  • Ryota Nomura , Ying-Zong Liang, Kenji Morita, Kantaro Fujiwara and Tohru Ikeguchi. Threshold-varying integrate-and-fire model reproduces distributions of spontaneous blink intervals. PLOS ONE. 2018. 13. 10. e0206528
  • Misa Fujita, Takayuki Kimura, Kantaro Fujiwara, and Tohru Ikeguchi. Solving the Steiner Tree Problem in Graphs Using the Key-Path Based Neighborhood with the kth Shortest Path. Proceedings of the International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications. 2018. 61-64
  • Shiki Kanamaru, Yutaka Shimada, Kantaro Fujiwara, and Tohru Ikeguchi. Nonlinear Time Series Analysis on LOTO7. Proceedings of the International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications. 2018. 430-433
  • Kohei Yamamoto, Yutaka Shimada, Kantaro Fujiwara, and Tohru Ikeguchi. Nonlinear Analysis on Temporally High Resolution Data of Stock Markets in Japan. Proceedings of the International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications. 2018. 434-437
  • Sakura Rai, Mayu Aoki, Yutaka Shimada, Kantaro Fujiwara, and Tohru Ikeguchi. Investigation of ISO Generated by Dopaminergic Modulation and Inhibitory Synaptic Learning. International Conference on Mathematical NeuroScience. 2018
もっと見る
MISC (74件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 社会を変える驚きの数学 第3章 数学がかなえる未来 神経の統計学
    ウェッジ選書 2008
  • 理工系の基礎 情報工学 第IV部 インテリジェントシステム 第13章 脳情報を読み取るための数理
    丸善出版 2018
講演・口頭発表等 (96件):
  • Analytical Approach to Noise-Induced Phase Synchronization of Chaotic Oscillators
    (SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems 2013)
  • 位相縮約法によるカオス振動子のノイズ同期現象の解析
    (電子情報通信学会非線形問題研究会 2013)
  • Izhikevichニューロンモデルのカオス応答とその統計的解析
    (電子情報通信学会非線形問題研究会 2013)
  • Estimation of connectivity of systems from distance relation between marked point processes
    (電子情報通信学会ソサイエティ大会 2013)
  • Improvement by Chaotic Neuro Dynamics of an Adaptive Local search Algorithm for solving Combinatorial Optimization Problems
    (電子情報通信学会ソサイエティ大会 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(情報理工学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2008 - 2011 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2011 - 2014 埼玉大学 助教
  • 2014 - 2018 東京理科大学 助教
  • 2018 - 現在 東京大学 特任准教授
受賞 (2件):
  • 2014/12/03 - 電子情報通信学会非線形問題研究会発表奨励賞
  • 2010 - Daiwa Adrian Prize
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る