{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602004342581466   整理番号:58A0053845

プロセス制御用電子式圧力伝送器の設計

How User Needs Influence Design of Electronic Process Pressure Transmitters.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 12-19  発行年: 1958年
JST資料番号: A0499A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
圧力-電気変換装置について自動平衡方式にすることが最も信頼できることを指摘し,ベローで圧力を力に換えた後,力平衝式の伝送器を使つて出力を得る装置を図解,ベローの力と電磁コイルの吸引力とをつり合わせ,もしこの平衝が破れたときには,検出コイルおよび増幅回路を経て電磁コイルへの電流を増減して,自動的に平衝を回復するうにした典形的な圧力伝送器を説明
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る