{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007053120549   整理番号:58A0048868

反すう胃の機能の初期の発達に基いて子牛を飼養するための高粗飼料法 IX

High Roughage System for Raising Calves Based on Early Development of Rumen Function. IX. Effect of Rumen Inoculations and Chlortetracycline on Rumen Function of Calves Fed High Roughage Pellets.
著者 (3件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 1248-1261  発行年: 1958年
JST資料番号: C0282A  ISSN: 0022-0302  CODEN: JDSCAE  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
粒状高濃度粗飼料で飼養した子牛の反すう胃の機能におよぼす反すう物接種およびクロルテトラサイクリンの影響

前のページに戻る