{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602016009437690   整理番号:58A0061835

帰還増幅器の安定化講座 I

Stabilizing Feedback Amplifiers, Part I.
著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 45-47  発行年: 1959年 
JST資料番号: D0488A  ISSN: 0033-7862  CODEN: RAECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
定常状態の特性が過渡現象時にいかに保たれ得るかが問題で,帰還のない場合にも不安定があり,帰還のある場合には複雑な問題となると述べ,負帰遼の設計,発振の条件と虚周波数とリンキングとの蘭係,Nyq岨帥図形の説明といろいろの特性を例にあげ,特に条件付安定回路に注意し, HW Bode 氏の設計法を推賞した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る