{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602016443516876   整理番号:58A0016510

光電式電気オルガン

L’orgue photo-electronique.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 67  ページ: 293-295  発行年: 1958年
JST資料番号: D0544A  CODEN: RVSOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1957年パリの近代美術館で試演されたものの解説.けん盤の動きを電気音響系に変換する機構に特色がある.同心円状に細孔を設けた廻転円板と,シャッタの役目をする数枚の薄板とにより,光電池のうける光量を制御する.打けんの全部の動きは,薄板シャッタの組合せにより,完全に光量の変化に置換しうる.ペダルを入れた場合は光源電圧をポテンショメータ式に可減することになる
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る